ヴィッツGRMN2 スペシャルなヴィッツは200台限定で今秋発売?

2013年、ヴィッツをベースにターボの架装、専用チューニングの足回りなどを与えられて登場した「ヴィッツGRMNターボ」。

200台限定で発売され、そのスポーティな走りが高く評価されたが、そのモデルが「GRMN2」となって再登場する。

このモデルはトヨタのWRC参戦を記念して制作されるもので、ボディは欧州仕様の3ドアがベース。

ラリー参戦記念ということで、迫力あるワイドボディをまとっての登場が期待されたが、全幅はノーマルと変わらず1695mmとなった。

とはいえGRMNの名で登場するだけに、ブレース類の追加やスポット打点の追加など、ボディは徹底的に補強され、足回りもショック、スプリングとも専用品に換装。ブレーキにも変更の手が入り、スポーツ走行時の大きな入力をがっちりと受け止める。

欧州仕様の3ドアがベースとはいうものの、外観デザインはノーマルとの差が少なめということで、おとなしい印象を持つかもしれないが、注目はパワートレーン。

前作のGRMNターボは152ps/21.0kgmの1.5Lターボに5速MTの組み合わせだったが、今回のGRMN2は1.8Lの2ZRエンジン+スーパーチャージャーを搭載する。

この組み合わせは英国製ライトウェイトスポーツの雄、ロータスエリーゼSと同じであり、当選出力も同じ、220ps/25.4kgmとなる。

組み合わされるミッションも6速MTに進化し、走りの実力、楽しさは前作を大きく凌駕していることが、この事実からだけでも容易に想像できる。

気になるのは、このヴィッツGRMN2がいつ登場するのか、ということだろうが、販売開始は秋くらいになる見込みだ。予想価格は350万円前後で、販売台数は前作GRMNターボ同様、200台の限定販売となるだろう。

黒基調にシルバーの差し色が入れられるなど、内装にも手が入ったスペシャルモデルとして登場するヴィッツGRMN2。気になる人は今後の動向に注目だ。

【広告】


ヴィッツGRMN2主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3935☓1695☓1490
車両重量(kg) 1070
エンジン 直4 1.8L DOHC+
スーパーチャージャー
最高出力(ps) 220
最大トルク(kgm) 25.4
トランスミッション 6速AT
予想価格 350万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加