ワゴンR マイルドハイブリッドと新プラットフォームで進化

新型ワゴンRのポイント

  • 3つの顔を採用し、デザインを大幅一新
  • モーター走行できるマイルドハイブリッド搭載
  • 室内は広くなり、利便性をアップ
  • スズキ独自の先進安全技術を採用

標準形ワゴンRが2つのスタイルに!

  • ワゴンRハイブリッドFX:マイルドハイブリッド33.4km/L
    「FA」は直3NAエンジン搭載で26.8km/L。標準型ワゴンRのベーシックグレードとなる「FA」「ハイブリッドFA」は従来のワゴンRのイメージに最も近いスタイル。四角をモチーフにした端正な表情のフロントマスクを採用。
  • ワゴンRハイブリッドFZ:マイルドハイブリッド33.4km/L
    標準系ワゴンRの最上級グレードとなる「ハイブリッドFZ」には、より上質感を演出したデザインを採用。フロントグリルから続く、上下2段に分かれたヘッドライトのフロントマスクが特徴。
  • ワゴンRスティングレーハイブリッドT:マイルドハイブリッド+ターボ28.4km/L
    カスタム系のスティングレーは、ブラックとメッキ加飾の大型フロントグリルや専用デザインのバンパーなどによる迫力あるフロントマスクが特徴。ターボ+マイルドハイブリッド車も設定。

【広告】


ワゴンR 軽ナンバー1モデルの座奪還へ

昨年11月にソリオハイブリッド、昨年末に新型スイフトと、わずか数ヶ月で新型車を続々とデビューさせているスズキが、今度はこの2月1日に軽自動車のビックネーム、ワゴンRをフルモデルチェンジした。

軽自動車で昨年最も売れた車種はホンダのN-BOX。ここ数年軽自動車市場で人気を集めているのが、このN-BOXやダイハツタントと言ったスーパーハイトワゴンのカテゴリーで、昨年のワゴンRの軽販売ランキングは6位と、同門スズキの中でもハスラーやスペーシアよりも売れ行きは少ないという結果だった。

とはいえ、ハイトワゴンスタイルを軽自動車の主流に変えたワゴンRはスズキにとって重要な主力モデルであることは今も変わらない。

そこで、今回で5代目となる新型ワゴンRは今の軽自動車市場で巻き返しを図るべく、大きく進化させながら、新たな魅力を満載したビッグチェンジが図られている。

3つのデザインに変身

エクステリアはこれまでのワゴンRのイメージを残したいわゆるキープコンセプト。

しかしながら、新型は幅広い世代の価値観に対応するために、三つのエクステリアデザインを採用したのがポイントだ。

先代型では標準モデルとカスタム系のスティングレーの2つのデザインだったが、新型は標準モデルに二つの「顔」が与えられ、全部で3つのデザインとなったのだ。

標準モデルは、ベーシックグレードが従来のワゴンRに最も近いイメージだが、それとは別に上級グレードにはフロントグリルとヘッドライトが上下2段に分かれたスポーティなマスクを採用。

スティングレーは縦長ヘッドライトと大型グリルによって、さらに迫力あるスタイルへと進化した。

全体的なフォルムはキープコンセプトだが、先代モデルから大幅にデザインを一新し、見た目の印象はガラリと変わっている。

一方でサイズ的な変更はホイールベースを35mm拡大(2460mm)したことが先代型との大きな違い。

これと同時に、新プラットフォームを採用すると共に、同時にパッケージングも見直したことで、室内長は軽ナンバー1の2450mmと広々とした室内空間を実現している。

エンジンはどうか?

そして、新型ワゴンRで最大のトピックがマイルドハイブリッドの搭載だ。

パワーユニットは3タイプを用意。一つは従来と同じR06A型の改良型となる直3DOHCエンジン。2つ目は、この直3エンジンをベースにしたマイルドハイブリッドシステム搭載ユニット。

そして、この2つのパワーユニットに加えてスティングレーには64ps/10.0kgmをDOHCターボをベースにしたマイルドハイブリッド搭載ユニットが設定される。

ワゴンRは先代で、モーター機能付発電機のISGと専用リチウムイオンバッテリーによるモーターアシストで加速時に負担を減らす低燃費技術のS-エネチャージを採用。

今回のマイルドハイブリッドも基本的なシステムはこのS-エネチャージと同じなのだがISGのモーターを高出力化(2.2ps→3.1ps)し、リチウムイオンバッテリーを大容量化。

これによって、マイルドハイブリッドでは発進時に最長10秒間のモーターによるクリープ走行が可能になった点などが新しい。S-エネチャージの進化版が今回のマイルドハイブリッドというわけだ。

そして注目すべきはやはり燃費で、マイルドハイブリッドの搭載や新プラットフォーム採用などによる軽量化(先代モデル比20kg減)の効果により、直3NAエンジン+マイルドハイブリッド車のJC08モード燃費は軽ハイトワゴンナンバーワンの低燃費33.4km/L(2WD)をマーク(先代型は33.0km/L)。

なお、直3NAエンジン車の燃費は26.8km/L(2WD)、直3ターボ+マイルドハイブリッド車は28.4km/L(2WD)となる。

最新装備を満載

そのほか、新型は装備面も見逃せない。インテリアのデザインも大きく変わって、センターメーターを採用したインパネデザインをポイントなのだが、その運転席前方のダッシュボードには軽初のヘッドアップディスプレイを採用(一部標準&オプション)。

さらに新型スイフトで初採用された単眼カメラと赤外線レーザーを使った緊急自動ブレーキシステムをオプションで装備(5万9400~9万6120円)。

なお、この「デュアルブレーキサポート」はセーフティパッケージとして、誤発進抑制機能や車線逸脱警報機能、ヘッドライトのハイビームアシスト機能などがセットとなっている。

また、新型ワゴンRのエクステリアデザインの後席ウインドウ窓枠の前側がアルファード風のデザインになっているのも特徴的だが、これは後席ドア内側にアンブレラホルダーを設置したためのもの。

リアドア両側に装備され、傘についた雨水は車外に排出されるようになっている。

価格はどうなのか?

グレードは、標準モデルがFA(NAエンジン)、ハイブリッドFX、そして上級グレードのハイブリッドFZの3タイプ。

スティングレーはL(NAエンジン)、ハイブリッドX、ハイブリッドT(ターボ+モーター)の3タイプ。

価格帯は、標準モデルが107万8920~147万960円、スティングレーが129万3840~177万9840円。先代モデルからはほぼ据え置き価格で、買い得感もバッチリだ。

【広告】


ワゴンR価格

グレード エンジン 駆動 JC08モード
燃費(km/L)
価格
FA
直3NA
エンジン
2WD 26.8 107万8920円
4WD 25.4 120万2040円
ハイブリッド
FX
直3マイルド
ハイブリッド
2WD 33.4 117万7200円
4WD 30.4 129万8160円
ハイブリッド
FZ
直3マイルド
ハイブリッド
2WD 28.4 135万円
4WD 27.0 147万960円

ワゴンRスティングレー価格

グレード エンジン 駆動 JC08モード
燃費(km/L)
価格
L
直3NA
エンジン
2WD 26.8 129万3840円
4WD 25.4 141万4800円
ハイブリッド
X
直3マイルド
ハイブリッド
2WD 33.4 148万8240円
4WD 30.4 160万9200円
ハイブリッド
T
直3マイルド
ハイブリッド
+ターボ
2WD 28.4 165万8880円
4WD 27.0 177万9840円

ワゴンR主要諸元

車種 ワゴンR ワゴンR
スティングレー
グレード ハイブリッド
FZ(2WD)
ハイブリッド
FZ(2WD)
全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1650 3395☓1475☓1650
ホイールベース(mm) 2460 2460
車両重量(kg) 790 800
エンジン 直3DOHC 直3DOHCターボ
排気量(cc) 660 660
最高出力(ps/rpm) 52/6500 64/6000
最大トルク(kgm/rpm) 6.1/4000 10.0/3000
モーター最高出力(ps) 3.1 3.1
JC08モード燃費(km/L) 33.4 28.4
エコカー減税
(取得税/重量税)
100%/100% 80%/75%
タイヤサイズ(F/R) 155/65R14 165/55R15
価格 135万円 165万8880円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加