エクリプスクロス 三菱からスタイリッシュSUV降臨!

ついに三菱がニューモデルを繰り出してきた。今、世界の潮流となっているクーペ風クロスオーバーSUVで車名はエクリプスクロス。

かつて三菱が4代目モデルまで販売していたFFクーペの名称を受け継いでおり、スタイリッシュなクーペフォルムにSUVならではのダイナミックな機動力のイメージを持たせたクーペSUVだという。

ベースとなったのは13年の東京モーターショーで公開されたXR-PHEV、そして15年のジュネーブショーで公開されたXR-PHEVⅡだ。

エクリプスクロスのエクステリアは、アスリートがクラウチングスタートを切った瞬間の躍動的なフォルムをイメージしているという。

ボディサイズは全長4405☓全幅1805☓全高1685mmで、プラットフォームには現行アウトランダーのものを流用し、サイズ的にRVRとアウトランダーの中間となるモデルとなる。

注目のパワートレーンは、新開発の1.5L直噴ダウンサイジングターボと、デリカD:5のものを改良した2.2L直噴ディーゼルターボの二本立て。

トランスミッションは1.5LターボがCVTで、2.2Lディーゼルには新開発の8ATが組み合わされる。現状、PHEVモデルの予定はないが、システムを物理的にこのボディに搭載することは可能とのことで、将来的にはPHEVが追加される可能性も残している。

駆動方式は全車電制4WDで、今はなきランエボ譲りのAYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用している。日本での発売は来春を予定。

パワートレーンは2種類

  • 現行型デリカD:5にも採用される2.2Lクリーンディーゼルターボを改良。各部のフリクションを徹底的に低減し、噴射システムの応答性を高めることで低燃費化と高出力化を狙った。
  • 1.5Lながら2.4L級のNAエンジンを凌ぐ低中速を発揮する新開発のダウンサイジングターボ。吸排気MIVECと電動ウエストゲートアクチュエーター付きターボ採用。

【広告】


エクリプスクロス予想諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4405☓1805☓1685
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg) 1480
エンジン 直4ディーゼル
排気量(cc) 2267
最高出力(ps/rpm) 150/3500
最大トルク(kgm/rpm) 37.0/1500-2750
駆動方式 電子制御4WD
価格 240万円~
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加