レクサスLS、RXモデルチェンジ

レクサスLSは10月19日にフルモデルチェンジ

レクサスブランドの最高峰サルーン「LS」は、10月19日にフルモデルチェンジすることが決まりました。

次期型ではレクサスにおける次世代の車作りの考え方である「GA-L」を採用。新設計のプラットフォーム&基本コンポーネントで仕立て、クオリティアップを図ると同時に新開発のパワーユニットを搭載。

走行性を大幅に向上させます。

パワートレーンは従来の4.6~5L V8に代えて3.5L V6のターボとハイブリッドとし、460、600hの名称を500、500hに変更します。

ハイブリッド車はこれまで4WD車のみでしたがFRと4WDの両駆動方式を設定します。

ハイブリッド用の従来のニッケル水素バッテリーは、コンパクト&高効率なリチウムイオン方式に切り替えます。

グレードは3.5Lターボ、3.5Lハイブリッドと共に、標準、Fスポーツ、バージョンL、アドバンスパッケージをラインアップします。

法人向け仕様のロングボディバージョンも、ターボとハイブリッドの両仕様を引き続き用意します。なお、8月中旬から事前予約の受付を開始する見込みです。

  • 今年1月のデトロイトショーで初披露され、4月のニューヨークショーでは「Fスポーツ」も公開された新型レクサスLS。日本では10月登場の見込み。

レクサスRXは11月にマイナーチェンジ

レクサスRXのマイナーチェンジが11月に実施されます。

内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定などがメインの改良点となります。メカニズム面は基本的には変更なく、エンジン、足回りの小幅な手直しにとどまる見込みです。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加