マツダCX-8発売日は12月14日!初の3列シートSUV

マツダのクロスオーバーSUVのフラッグシップかつ、同社国内初となる3列シートSUV、CX-8が9月14日ついにデビュー。

同日から予約受注を開始し、発売は12月14日から。

月間目標販売台数は1200台としている。

マツダといえば、「魂動」デザインを採用し、12年に登場した先代CX-5から新世代商品群がスタート。

15年に登場したCX-3、今年デビューの現行CX-5とSUVはラインアップされているが、今回のCX-8は最上位モデルで新世代商品第8弾となる。

そもそもマツダは、3列シート車であるミニバンを3車種設定していたのだが、既にMPVは昨年3月に生産を終了。

現在はボックスタイプミニバンのビアンテ(08年登場)、乗用タイプミニバンの現行型プレマシー(10年登場)の2車種となっている。

しかし、マツダのミニバン国内販売比率は13年の11.5%から昨年は4.1%にまで低下し、年々減少していた。

このため、マツダのミニバン市場からの撤退が昨春以降、繰り返し取り沙汰されていた。

今回のCX-8は近々生産中止が見込まれるビアンテ、プレマシーをカバーする3列シート車のブランニューモデルとして登場する。

その基本となるのは「走りのデザインを諦めたくないが、家族や友人ともドライブを楽しみたい」と考えるユーザーへ新しい選択肢としてのマツダ流の提案だ。

CX-8開発担当者は「より広いスペースと多くのシートキャパシティを必要とし、上質な空間での快適な移動を要望されるユーザーに向けた、従来までの多人数=ミニバンと言う概念を打ち破る新しい提案です」と語る。

CX-8のコアとなるのは、これまでのマツダ車と同様にSKYACTIVテクノロジーと魂動デザイン。

まず、SKYACTIVテクノロジーで注目なのはパワートレーンで、搭載するエンジンはクリーンディーゼルのSKYACTIV-D2・2のみだが、そのスペックは従来から15ps/3.1kgmアップとなる最高出力190ps/最大トルク45.9kgmに進化。

また、圧縮比は従来の14.0から14.4とさらに高圧縮化された。

このエンジン、実は「燃焼」で次世代SKYACTIVテクノロジーを先取りした「急速多段燃焼」を採用し、従来型クリーンディーゼルの燃焼方法を見直している。

具体的には多段(最大6回)の近接噴射によって上死点付近で連続した燃焼を発生させて燃焼期間を短縮。

綿密な噴射量コントロールによって燃焼初期の熱発生を抑制してノック音を低減し、燃料を高圧で微細分霧化させて予混合を促し、燃焼期間短縮とノック音低減のための弊害を抑えている。

エクステリアのコンセプトは「TIMELESS EDGY」(タイムレスエッジー)で魂動を高い次元へ深化させ、国内最上位SUVとして風格や質感、インテリアの素材や色を吟味している。

CX-5をストレッチした様なスタイルだが、より伸びやかなラインで上級モデルらしい存在感がある。

ボディサイズは全長4900☓全幅1840☓全高1730mmと、CX-5よりも全長で355mm、全高で40mm上回る(全幅は同じ)。

乗車定員は最上級グレードのXDLパッケージのみ6人乗りで、XDとXDプロアクティブは2列目がベンチシート仕様の7人乗りとキャプテンシート仕様の6人乗りが選べる。

サスペンションは、海外専用車のCX-9のものを基本に減衰力などを専用に調整したものを採用。

フロントダンパーにはリバウンドスプリングを採用し、コーナリング時の安定性を向上させている。

もちろん、安全装備にもぬかりはない。

8月のアクセラの一部改良で採用された「360°ビューモニター」をオプション設定した他、安全運転サポート車の「サポカーSワイド」に全車が該当。

SKYACTIV-BODYにはマツダ初の「二又構造」をCピラー下に採用し、後面衝突時に3列目乗員保護のための剛性を確保している。

価格は319万6800~419万4000円と、2列仕様となるCX-5のクリーンディーゼルから約43万~69万円高の設定。

多人数乗車の機会があるユーザーには見逃せない存在となりそうだ。

CX-8のポイント

  • マツダ国内初の3列シートSUV
  • 2.2Lクリーンディーゼルが進化して190ps/45.9kgmに
  • アクセラに続いて「360°ビューモニター」をオプション設定

【広告】


CX-8価格表

グレード名 駆動方式 価格 JC08モード燃費(km/L)
XD
FF 319万6800円 17.6
4WD 342万9000円 17.0
XDプロアクティブ
FF 353万7000円 17.6
4WD 376万9200円 17.0
XD Lパッケージ
FF 395万8200円 17.6
4WD 419万400円 17.0

CX-8 XD Lパッケージ(4WD)

全長☓全幅☓全高(mm) 4900☓1840☓1730
ホイールベース(mm) 2930
車重(kg) 1900
最低地上高(mm) 200
トランスミッション 6AT
エンジン 直4,2.2L DOHCクリーンディーゼル
総排気量(cc) 2188
最高出力(ps/rpm) 190/4500
最大トルク(kgm/rpm) 45.9/2000
JC08モード燃費(km/L) 17.0
WLTCモード燃費(km/L) 15.4
価格 419万400円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加