アルファード激変!ビッグマイナーチェンジ

Lクラスミニバン界における無敵の帝王、アルファード/ヴェルファイア。

三代目モデルは2015年に登場したが、デビュー後初となるマイナーチェンジを、来年1月に受ける。

今回のマイナーチェンジでの大きなポイントは2つ。

外装の変更と先進安全装備の充実だ。

アルファード、ヴェルファイアとも、フロントグリルや前後バンパーデザインなどに変更を受ける。

特に大きく変わるのがアルファードで、二つの異なるフロント周りのデザインが用意されると言う。

ヘッドライトにはC-HRで初採用された「LEDシーケンシャルターンランプ」が組み込まれ、フロント周りの雰囲気は、かなり変わったものになるはずだ。

一方の内装にはさほど手が入らず、ステッチ加飾の追加や内装色の変更程度に留められる。

現行アルファード/ヴェルファイアにおいて、唯一の弱点とも言えた安全装備だが、こちらは衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」が標準装備となり、大幅に強化される。

現行型にも装備される「プリクラッシュセーフティシステム」は歩行者検知機能付に強化され、レーダークルーズコントロールもブレーキ制御を行うタイプに。

その他「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」も標準となるため、内外装の変更以上に魅力的な内容と言えるだろう。

気になるのは価格だろうが、これはやはり質感向上、セーフティセンスPの搭載などにより若干上がる。

とはいえその額は10万円程度に収まるため、改良内容を考えれば十分納得できるもの。

アルファード/ヴェルファイア購入希望者は来年まで待つのが正解だ。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加