トヨタ・レクサス新車2018~2020年予定情報

トヨタの新車情報です。

トヨタ車

2018年

1月:

アルファード/ヴェルファイア

  • 1月にビッグマイナーチェンジ。
  • 両車とも標準モデルとエアロモデルが設定される。
  • 最高出力は300psオーバーか?
  • トヨタセーフティセンスP標準装備。
  • 渋滞でのイージードライブ実現。

春:

新型カローラ

  • 12代目カローラは3ナンバーでスポーティに。
  • パワートレーンは1.5Lのハイブリッド。GTIは3Lターボかも?

夏:

新型クラウン

  • ボディサイズ:全長4910x全幅1800x全高1450mm
  • ホイールベース:2920mm
  • 新開発TNGAプラットフォーム採用
  • エンジンは直4、2L直噴ターボと2.5Lマルチステージハイブリッドの2本立てか?

新型センチュリー

  • パワーユニットはLS600hに採用されたV8、5Lハイブリッドを搭載。
  • 二重構造となるグリルの縦格子の奥側やクリアランスランプに七宝模様をあしらうなど
    日本の伝統美を意識している。

秋:

新型フープラ

  • BMW Z4と兄弟車、パワートレーンもBMW製。
  • エンジンは直6、3Lターボと直4、2Lターボをラインアップ。
    直4、2Lエンジンは255ps仕様と200ps仕様なので合計3種類。
  • GRモデルも用意されるはず?

2019年

春:

GRハイブリッドスポーツ

  • THS-R(トヨタハイブリッドシステムレーシング)搭載

Tjクルーザー

  • 和製ミニクロスオーバーとなるか?
  • 全長4300mmとコンパクトなSUVでありながら約3mの長尺物など荷物がタップリと積めるユーティリティビークル。

2020年

夏:

GRスーパースポーツ

  • パワートレーンはトヨタハイブリッドシステムレーシング。
  • ポルシェ918を凌駕するモデルになるか?

【広告】


レクサス車

2018年

冬:

UX

  • パワートレーンは新開発ダイナミックフォースエンジンの2Lおよび2.5L NA、
    それに2.5Lハイブリッドとなりそう。
  • ターゲットはアウディQ3か?

春:

GS F

  • 新開発V8、4Lツインターボ(670ps/66.3kgm)搭載で
    ハイパワーセダンの頂点を目指す?

夏:

LS F

  • パワーユニットはV8、4Lツインターボ、
    スペックは670ps、650Nm(66.3kgm)となるか?
  • 専用チューニングの足回りと10速ATの組み合わせがどんな走りを見せるのか!

2019年

秋:

LC F

  • 新開発V8、4Lツインターボが670ps/66.3kgmを搭載

LS  FCV

  • FCスタックが150kW(204ps)になり
    MIRAIの113kW(154ps)の2倍近い220kW(299ps)の大パワー

今後が楽しみです。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加