カローラ、ランドクルーザープラドマイナーチェンジ

カローラは10月にも最終のマイナーチェンジか?

トヨタは今年10月にもカローラシリーズ(アクシオ&フィールダー)をマイナーチェンジする見込みです。

カローラは、来年夏にはフルモデルチェンジを控えていることから、今回は現行モデル最終の改良となります。

ガソリン車、ハイブリッド車ともに内外装のデザイン変更、クオリティアップ、使い勝手&燃費の向上などが行われます。

燃費面の改良はハイブリッド車を中心に行われ、LEDヘッドランプの標準装備車も設定されます。なお、現行モデルは8月いっぱいでオーダーストップとなる見通しです。

ランドクルーザープラドは9月2日にマイナーチェンジ

トヨタは9月2日、ランドクルーザープラドをマイナーチェンジし、同日発売します。今回の改良は、内外装のデザイン変更と安全対策強化が中止になります。

フロント周りはヘッドランプとグリルのデザインを変更。上級モデル「200」の様なバンパーまで切れ込んだ大型フロントグリルとなり、見栄えをさらに良くします。

また、安心パッケージの「トヨタセーフティセンスP」を標準装備します。

今秋から年末までのトヨタの新ラインナップが判明

この9月から年末までに登場するトヨタ全系列店の新型ラインナップの顔ぶれが判明しました。

各系列の新ラインアップは、トヨタ店は9月2日にマイナーチェンジや新規投入のランドクルーザープラド&ハイラックス、トヨペット店は11月頃にマイナーチェンジするアルファード、カローラ店は10月にマイナーチェンジするカローラシリーズ、そしてネッツ店は11月頃にマイナーチェンジするヴェルファイアです。

この他、全系列店扱いのアクアにカスタマイズモデルのG’sの後継モデル投入などもスケジュールに組み込まれています。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加