トヨタオーリス、FJクルーザー、アルファード/ヴェルファイア情報

次期型オーリスはカローラ店を加えた3系列店で併売

18年中盤番にもフルモデルチェンジする予定の次期型をオーリスは従来のトヨペット店、ネッツ店併売から、新たにカローラ店を加えた3系列店扱いとなる見込みです。

次期型はトヨタの次世代車作りの考え方であるTNGAを採用します。

パワートレインは1.8Lハイブリッド、ガソリン1.5L&1.8L、1.2Lダウンサイジングターボを搭載。

駆動方式との組み合わせは、FF車が全パワーユニットを搭載し、4WD車は1.5Lと新たにハイブリッドもラインアップされます。

さらに、安心パッケージである「トヨタセーフティセンスC」を改良した標準装備車を設定します。

そして、シリーズ全体では月販3000台規模の量販モデルへの育成を目指す方針です。

  • 今年1月~9月までの販売累計が約6000台と低迷中のオーリス。来年中盤にはフルモデルチェンジすることが予想され、新型はプラットフォームが一新される。

【広告】


18年1月にSAIとFJクルーザーが生産中止

トヨタは18年1月上旬にもSAIとFJクルーザーを生産中止する旨をこのほど、扱い販売店に通達しました。

SAIはレクサスブランドではHS250hとしても販売しており、こちらもほぼ同じ頃に廃止になる見込みです。

この他18年中にはアイシス、クラウンマジェスタ、ウィッシュ、3年以内にマークX、ポルテ/スペイド、プレミオ/アリオンなども生産中止になると思われます。

これによって2020年までにトヨタブランドの乗用車ラインアップは、現在の半分程度まで縮小されることになります。

ただ一方でRAV4が19年にもフルモデルチェンジして国内販売に復帰する可能性もあり、商品ラインアップを再編するという側面もあります。

【広告】


アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジ前の在庫一掃セール

アルファード/ヴェルファイアは12月25日にマイナーチェンジしますが、従来モデルはこのほどオーダーストップになり、在庫一掃セールに入っています。

その従来モデルは、グレード、ボディカラー、ディーラー&メーカーオプションにこだわらなければ40万円以上の大幅値引きがゲットできるのは確実です。

改良型はスタッフマニュアルが扱い店に送られ、ティザーキャンペーンが行われつつあります。

外観はフロントグリル、ヘッドランプのデザインが変わり、さらに見栄えが良くなります。

メカニズム面では一部エンジンの性能向上、燃費改善を実施。

3.5L V6エンジンに組み合わされるATから8ATに変更されます。

さらに、安心パッケージ「トヨタセーフティセンスP」も標準装備されます。

特別仕様車は一時廃止となり、同グレードの特別装備はマイナーチェンジする標準車に盛り込まれる見込みです。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加