スポンサーリンク

三菱次期型デリカD:5は日産共用プラットフォームに新型PHEV搭載!

三菱自動車は10月18日、19年度の世界販売台数、売上高とともに30%以上伸ばすことなどを盛り込んだ、17年度から3カ年の中期経営計画を発表。

この計画は新型車の投入も予定したもので、計画の期間中にグローバルで改良モデルを含めて全11車種を投入すると説明。

もちろん日本国内の商品投入計画も重視され、その中の目玉となるのが次期型のデリカD::5だ。

現行型のデリカD:5はデビューから10年以上が経過しているにもかかわらず、ここ最近でも月販1000台レベルを確保している人気車。

それだけに三菱車の中でも注目されるが、その次期モデルは日産xルノーアライアンス傘下の新生三菱を象徴するモデルへと生まれ変わる。

具体的には、次期デリカは日産エルグランドとプラットフォームを共用して開発が進められているという。

パワートレーンは三菱が得意とするPHEVで、基本的なシステムはアウトランダーPHEVと同じ、前後二つのモーターを駆動用に使用する4WDとなる。

エンジンは2L NAで、市街地などの低速走行時はEVで走行し、高速域などではエンジンが始動し、最小の燃費で走れるベストな方法で走行する。

この三菱の持っている制御技術に加えて、次期モデルでは日産がEVのリーフで培ったバッテリーマネージメントのノウハウを投入。

双方の得意分野の技術を活かすことで、燃費性能、動力性能、EV走行性能など、あらゆる面で現行アウトランダーPHEVを上回ることができるという。

現行モデルで人気のクリーンディーゼルの投入もあわせて開発が進められているが、メインのパワーユニットはPHEVになるはずだ。

デザインは、今でも根強い人気を確保していることから現行デリカのイメージを色濃く継承したタフなイメージのものになる。

また、特別仕様車「アクティブギア」の販売も好調なため、オレンジ色をアクセントにした同仕様のグレード設定もありそうだ。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

PHEV 三菱
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました