「 PHEV 」一覧

NO IMAGE

三菱次期型デリカD:5は日産共用プラットフォームに新型PHEV搭載!

三菱自動車は10月18日、19年度の世界販売台数、売上高とともに30%以上伸ばすことなどを盛り込んだ、17年度から3カ年の中期経営計画を発表。 この計画は新型車の投入も予定したもので、計画の期間中にグローバルで改良モデルを含めて全11車種を投入すると説明。 もちろん日本国内の商品投入計画も重視され、その中の目玉となるのが次期型のデリカD::5だ。 現行型のデリカD:5はデビューか...

記事を読む

NO IMAGE

国産ハイブリッドとヨーロッパ型ハイブリッドはどこが違うのか?

当たり前の話ではあるが、ハイブリッドは燃費効率を高めるために開発された技術だ。トヨタのTHSはまさにその王道を行くハイブリッド。実用領域での燃費効率では、未だこれをしのぐハイブリッドシステムは存在しないと言っても良い。 90年代の終わり、トヨタがTHSを開発していた当時、ライバルは最初それを冷ややかに見ていた。どのメーカーも「理論的に優れているが、コスト面で商品化は難しい」というスタンス。欧...

記事を読む

NO IMAGE

ただいま人気絶好調 オススメSUV 220万円~280万円

まだまだ人気のSUV。ボーナスで購入という人も多いはず。ここでは人気のSUVの中から価格220万円~280万円の車種をご紹介。値引きの目安も! 今の愛車7年落ちで下取り査定ゼロ・・・でも! >>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<< TOYOTA RAV4 221万1429~242万7429円 クロスオーバーSUVブームの火付け役で、初代モデルは94年に登場した。現行モデルは3代目...

記事を読む

NO IMAGE

バハポルタレグレ500 三菱が久々のワークス参戦 トラブルのためクラス19位

三菱が久々にワークス体制でラリーに挑んだ。10月23日から24日にポルトガルで開催された「バハ・ポルタレグレ500」に、三菱はアウトランダーPHEVで出場。ドライバーはダカール・ラリーウィナーの増岡浩、マシン開発および現地での技術支援は三菱のエンジニアが担当するまさにワークス体制での参戦だ。 アウトランダーPHEVは過去3年間、アジアクロスカントリーラリーに出ているが、それは三菱がマシンをプ...

記事を読む

NO IMAGE

三菱アウトランダーPHEV vs VWゴルフGTE

インフラの整備状況まで考慮した場合、現時点でベストなエコカーはやはりPHEV。日独2台のPHEVを比較したい。 アウトランダーPHEV、ゴルフGTE、人気車種ですよね。エコカーがいいかなということで乗り換えるなら、今の愛車は下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認してくださいね。 高く売れたら浮いたお金で支払いも楽になりますよ! 詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<< ...

記事を読む

NO IMAGE

三菱アウトランダーPHEV PHEVのネガを払拭した走りに注目!

●ライバルは欧州プレミアムモデル! 6月にフルモデルチェンジに匹敵する大変更受けたアウトランダーPHEV。その狙いはエクステリアの変更にとどまらず、欧州での販売強化を狙った、乗り味の大幅改良にあった。 開発陣曰く、MC前モデルは社内で購入希望者が少なかったという。デザインを一新した新型は社内から好評で、購入希望者も大幅に増えたという。 アウトランダーPHEVはデビュー当初から大きなポテン...

記事を読む

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド


かんたん車査定ガイド

一括査定は営業からの電話が嫌だ!
ならば独自のオークションで安心、且つ高く売れる車買取サービスUcar査定はいかがでしょうか。

車の買い取り査定サービス

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。