スズキスペーシア、クロスビー2018年1月、2月デビュー

スズキ 新型スペーシア 2018年1月デビュー予定

ターボもマイルドハイブリッド搭載!使い勝手も向上する超ハイトワゴン

軽のスーパーハイトワゴンであるスペーシアのコンセプトモデルとして東京モーターショウで初公開された「スペーシアコンセプト」「スペーシアカスタムコンセプト」は参考出品車ながら、ほぼそのまま市販化されそうだ。

その新型スペーシアの特徴が前後ウインドウの傾斜角を立て、全高も現行型から65mm高くした、更なる背高のスタイル。

これによって室内空間が拡大して室内高は1410mmを確保。

後席を前側に倒せば、26インチの一般的な自転車、いわゆるママチャリを楽に積むことができる。

パワーユニットは、658cc直3エンジン、そのマイルドハイブリッド、ターボ+マイルドハイブリッドの3タイプ。

デビューは来年1月か?

スペーシア主要諸元

スペーシア
コンセプト
スペーシア
カスタムコンセプト
全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1800 3395☓1475☓1800
ホイールベース(mm) 2460 2460
パワーユニット 直3マイルド
ハイブリッド
直3ターボマイルド
ハイブリッド
総排気量(cc) 658 658
駆動方式 FF FF
乗車定員 4人 4人

【広告】


スズキクロスビー 2018年2月デビュー予定

これが噂のハスラーワイドの正体

スズキの大ヒット軽、ハスラーの兄貴分となるコンパクトクラスのクロスオーバーワゴンが「クロスビー」だ。

ソリオやイグニスなどと同じAセグ用プラットフォームを採用し、内外装は軽のハスラーとは一線を画す質感の高さを追求。

さらにコンパクトサイズながらホイールベースが同じイグニスよりも圧倒的に広い室内を実現している。

パワーユニットは1L3気筒ターボをベースにしたマイルドハイブリッドで、4WDもラインアップ。

デビューは来年2月頃が予想される。

クロスビー主要諸元

クロスビー
全長☓全幅☓全高(mm) 3760☓1670☓1705
ホイールベース(mm) 2435
パワーユニット 直3ターボマイルドハイブリッド
総排気量(cc) 996
駆動方式 FF/4WD
乗車定員 5人

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加