新型シビックタイプR 発売は来年末?

9月29日より開催されていたパリモーターショーでサプライズ発表されたのは新型シビックタイプR。

今回はあくまでも2017年の市販に向けたプロトタイプということでボディサイズ等、詳細スペックは明らかにはされていない。

しかし、シビックハッチバックは全長4497mm、全幅1800mm、全高1421mm、ホイールベース2700mmと発表されており、これをベースにワイドトレッド/ワイドフェンダー化されるとともに車高がダウンされていることから全幅1850mm程度、全高1400mm程度と予測できる。

プラットフォームは一新されており、最初からタイプRの開発を念頭に置いた高いポテンシャルを持ったプラットフォームで、リアサスは前型のトーションビームからマルチリンクへと変更されており、より高いロードホールディングが期待できる。

エンジンは直4、2LターボのK20C型を引き続き採用。ターボの効率アップなどで最高出力320ps程度、最大トルクは41.5kgm程度まで引き上げられることになろう。

このベースとなったシビックハッチバックは欧州で市販モデルとして正式に発表された。注目はついに市販車への搭載となった直列3気筒1Lターボエンジンだ。

最高出力129psを発揮し、最大トルクは6MT仕様で20.4kgm、CVT仕様では18.4kgmとうことで、1.8~2L NAクラスのパフォーマンスとなる。

欧州シビックはこの他に直4、1.5Lターボ搭載モデルの設定され、追って1.6Lディーゼルターボも搭載を予定する。また、シビック4ドアセダンも同時に発表された。

【広告】


新型シビック主要諸元

タイプR 5ドアハッチバック 4ドアセダン
全長☓全幅☓全高(mm) 4500☓1850☓1400 4497☓1800☓1421 4630☓1800☓1416
ホイールベース(mm) 2700 2700 2700
エンジン 直4DOHCターボ 直3DOHCターボ 直4DOHCターボ
排気量(cc) 1995 1000 1498
最高出力(ps/rpm) 320/6600 129/5500 182/5500(6MT用)
182/6000(CVT用)
最大トルク(kgm/rpm) 41.5/2500-4500 20.4/2250(6MT用)
18.4/1700-4500(CVT用)
24.5/1900-5000(6MT用)
22.4/1700-5500(CVT用)
トランスミッション 6MT 6MT/CVT 6MT/CVT
サスペンション ストラット/
マルチリンク
ストラット/
マルチリンク
ストラット/
マルチリンク
タイヤサイズ 245/30R20 225/45R17 215/50R17
価格 500万円(予想) 日本導入未定 280万円(予想)
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加