ホンダ新型N-BOXはヒット?オデッセイマイナーチェンジは?

cタイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰

新型N-BOXはヒットモデルになれるか?

ホンダが9月1日に発売した新型N-BOXがヒットか、それとも今一歩か、評価が微妙な状況にあります。

月間計画1万5000台に設定したのに対して、事前約1ヶ月の受注台数は2万5000台でした。

この数字だけを見ると「好調な滑り出しでヒット作の予感がする」ということになります。

ただ、ホンダが傘下販売店に対して内々に要請した事前受注の台数は27000円であり、これには2000台が届いていないのです。

気になるのは9月中旬現在の成約後の納期です。

納期は約1か月であり、人気モデルにしては短いのです。

これには売れると見込んで大量に増産しているので、比較的スムーズに納車が可能になったといういい見方もできます。

しかし、従来モデルが直前の在庫一掃セールで20万円以上も値引きして売っていたのに対して、新型車の値引きは5万円程度とガードを固めています。

このため、従来よりも実質25万円も高くなっている様な状況になっています。

ただ、新型は車そのものの評価は高いので、今後しばらくして勢いつく可能性もあります。

  • 1ヶ月の受注台数は月販売目標を大きく上回っている新型N-BOX。しかし旧型の好調さを考えるともっと売れていいという見方もある。

【広告】


11月中旬にオデッセイをビッグマイナーチェンジ

ホンダは11月中旬にオデッセイをビッグマイナーチェンジします。

内外装のデザイン変更、燃費の向上、安全装備パッケージ「ホンダセンシング」の機能強化、新ボディカラーの設定などが主な改良の内容です。

フロントマスクは押し出し感の強いアブソルートのデザインに実質一本化されます。

燃費性能はハイブリッド車、ガソリン車ともに若干向上する模様です。

ホンダセンシングはアダプティブクルーズコントロール機能などが改善されます。

従来モデルは9月上旬までにオーダーストップし、在庫一掃セールに入っています。

改良型は10万円前後の値引きに引き締めますが、従来型の在庫車だと40万円前後の大幅安で買える状況にあります。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加