新型クラウン6月25日発売!ロイヤルとアスリートも一本化

マジェスタ廃止で最上級グレードはV6、3.5L HVとなる

新型クラウンの発表&発売日が「6月25日」に決定。

いよいよカウントダウンに入ってきた。

それに向け、トヨタは全国の販売店対応として試乗会&商品説明会を富士スピードウェイでの走行体験も含めて積極的に展開するという話もある。

さて、15代目となる新型クラウン。

新開発となるTNGAプラットフォームが採用され、ボディサイズは全長4910mm、全幅1800mm、全高1455mm。

そしてホイールベースは2920mm。

現行型よりホイールベースは実に70mmも長くなり、全長は15mm長く、大型化されて誕生する。

スタイルで目を引くのは歴代クラウン初の6ライトキャビン。

ルーフの後端が大きくラウンドしたデザインになっており、Cピラーは今までのガッチリとした太いものではなく細身のライン。

あたかもファストバッククーペをイメージさせる雰囲気は、クラウンが新たな「ステージ」に入ったことを伝えているように思える。

その新ステージの到来は走りにも言える。

ニュルブリンクを徹底的に走り込んでテストし、サスペンションなどとあわせ、シャシー性能を鍛え上げているという。

従来のセダンの常識を覆すようなスポーティさをまとうに違いない新型クラウン。

トヨタのみならず日本を代表するセダンが、アシから変わろうとしている。

【広告】


ロイヤルとアスリートも一本化になる

その新しいクラウンの走りの根幹をなすのは、当然ながらパワートレーンだ。

新開発の直4、その2Lターボと2.5Lハイブリッド、それにV6、3.5Lハイブリッドが加わり、全3タイプが用意される。

直4の2タイプのエンジンは、熱効率追求の新世代型として開発され、走行性&燃費ともにユーザーを驚かせるのは想像に難くない。

それ以上の驚きがV6、3.5Lハイブリッドの搭載。

クラウンというトヨタブランド・フラッグシップを考えると、レクサスLS500hのマルチステージハイブリッド、それのブラッシュアップということが有力だ。

また、このことは同タイプエンジン搭載のクラウンマジェストが「次期型には設定されない」ということを意味する。

このエンジンを搭載するグレードを最上級と位置づけ、マジェスタなどプレミアムサルーンを好むユーザーを吸収するのが狙いだろう。

となると、現行車のメインとなるロイヤルとアスリートというグレード分けがかなり気になるが、ここに来て「ロイヤルとアスリートを一本化する」という情報も飛び込んできた。

つまり、メイングレードと最上級グレードの大きく二本立てという構成になる。

しかし、その一方で昨年の東京モーターショーで出品されていたショーモデルには「RS」という文字が入っていたことから、それを現行のアスリートに代わるグレードとし、「ロイヤル、RS、最上級グレード」という三つになる可能性も残されている。

さらにクラウンGRモデルも同時並行的に開発されており、メルセデスベンツにおけるAMG、BMWのMのようなパフォーマンス追求型のスポーツセダンを味わえるはず。

なんとエンジンは422ps/61.2kgmを発揮するV6、3.5Lツインターボを搭載する計画。

もちろん歩行者や自転車の探知機能も備える先進安全性は、アルファードなどのシステムを上回るのは確実。

「スポーティセダン」を体で感じられる15代目クラウン。

発売は6月25日。

新型クラウン予想諸元

2Lターボ 2.5Lハイブリッド 2Lターボ
全長☓全幅☓全高(mm) 4910☓1800☓1455 4910☓1800☓1455 4910☓1800☓1455
ホイールベース(mm) 2920 2920 2920
車重(kg) 1630 1630 1800
エンジン 直4 DOHC
+ターボ
直4 DOHC
+モーター
V6 DOHC
+モーター
排気量(cc) 1998 2493 345
最高出力(ps/rpm) 240/5200-5800 181/6000 299/6000
最大トルク(kgm/rpm) 37.7/1650-4400 24.0/4200-4800 36.3/5100
システム出力(ps) 324 359
トランスミッション 8速AT 電気式無段変速 マルチステージ
ハイブリッド

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加