新型ハリアー4月発売決定!精悍さに安心をプラス

トータルカスタマイズを謳うアルパインスタイルからマイナーチェンジ後のハリアーが4月に発売予定。

スタイリッシュなエクステリアに加えて、新たにセーフティの機能を手に入れた。

やりすぎない自然なカスタマイズとして評価の高いアルパインスタイルからハリアーのマイナーチェンジ後モデルがもうすぐ発売になる。

従来からのコンセプトであるスポーツ、スパルタン、シャープ、シンプル、スマートの五つのSはそのままに、新たにセーフティの要素を加え、「5S+1S」としたことが大きな特徴。

具体的にはフロントハーフスポイラー内のコーナーダクトにカメラを装着した点に注目だ。

アルパインのハリアー専用10型カーナビ ビッグXには、ボイスタッチ機能があるので「コーナーカメラ」と声に出すことで、自動的にナビ画面がモニターに切り替わり、左コーナーの死角が映し出される。

これなら縦列駐車や狭い路地での幅寄せなどでも安心だ。

ナビとカメラの連携が好評のアルパインのシステムに、コーナーカメラが加わることで死角を大幅に減らすことができる。

デザイン的にもさりげなく、アルパインスタイルが目指す、シンプルでスマートなフォルムとなっていて違和感がない。

同時に夜間や暗い場所での乗り降りをサポートするウェルカムライトが装着される。

足元照明は純正でも装備されるが、アルパインスタイルのものは美しいホワイトで夜間にとても映える。

際立つ精悍なエクステリア

エクステリアデザインに関しては、これまでのアルパインスタイルのモデル同様、オリジナルが持つ個性を壊さずにバランスよく仕上げている。

特にフロントハーフスポイラーからサイドスポイラー、リアハーフスポイラーと流れるラインは美しく、ハリアーの高級感にダイナミックでスポーティな要素を加えている。

また専用のヴェルケンの20インチアルミホイールは引き締まった印象を与えている。

アルパインスタイルは4月のハリアーを皮切りに6月にヴォクシーZSが登場予定だ。

その後も5S+1Sのコンセプトを持つモデルが続々登場する予定でかっこよさに安心、安全を加えたアルパインスタイルから目が離せない。

6月ヴォクシーZS登場

昨年マイナーチェンジしたトヨタヴォクシーのスポーツグレードZSが、6月アルパインスタイルの手によってさらに精悍になる。

フロントハーフスポイラーとサイドスポイラー、ウェルケンのダイヤカットアルミホイールの他、コーナーカメラとウェルカムライトも装着される。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加