新車購入NAVI2019 国産車!CARトップ特別編集

CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車編 (CARTOPMOOK)

管理人です。

今回は、CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車、のご紹介です。

国産車の2019年の新車ってどういう感じなんでしょうか?

自動車業界、色々逆風も吹いてますが。

そのあたりの詳細が出ているようですね。

ということで。

この記事では、「CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車」、を紹介したいと思います。

「CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車」で新車情報を!

この「CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車」を読めば2019年の新車情報が丸わかり、ということです。

どんな感じかは以下の通り。

==ここから==

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子書籍版は紙版と一部内容が異なり、目次に掲載している記事、画像、広告、付録、読者プレゼント応募などが含まれない場合がございます。

●国産全車購入攻略137台 新車の買い時は今です!
●新車トレンド徹底ガイド
●バイヤーズガイド
●新車デビュー情報
●SUV 全28台
●コンパクトカー&ハッチバック 全27台
●ミニバン 15台
●軽自動車 全21台
●OEM/商用車&特別仕様車
●セダン 全29台
●スポーツカー 13台
●ワゴン 全4台

出版社からのコメント

最新の国産車を賢く買う! ~特徴まるわかり、値引き&通信簿つき購入ガイド~

2018年は新車の当たり年か? そう思えるほど売れ筋のニューカーが多数登場しました。
SUVならフォレスターやCR-V、ミニバンならセレナやアルファード&ヴェルファイア、セダンなら
クラウンやアテンザ、コンパクトならカローラスポーツやノート、そして軽自動車ならジムニーやN-VAN、
といった人気車種が目白押し。
フルチェンジしたモデルはもちろんのこと、マイナーチェンジしたモデルであれ、いずれも進化した
安全技術や装備の充実化が図られ、ライバルとの勢力図が大きく変化した。
そこで今回の新車購入NAVIシリーズでは、今年発売された最新モデルを中心にしながら、いま買うことが
できるすべての国産モデルを網羅。国産全137台を掲載した購入ガイドとしました。
巻頭企画では、SUVやコンパクト、セダンやスポーツ、軽といったジャンルごとに
「今年発売された新型モデルの登場で、ジャンル内の勢力図にどんな変化が起きたか」をわかりやすく解説。
また本編ではボディタイプを7つに分け、ジャンルごとに、旬の、売れ筋車種を個々にしっかり紹介。
値引き額の目安はもちろん、ライバルと比較してどんな項目で、どんな優劣があるのか、をわかりやすく
掲載しています。
車種ごとのモデルラインナップ紹介のほか、走りの特性や燃費性能/内外装や使い勝手など、機能性を
項目別に採点。本書はひと目で特徴がつかみやすい採点簿つきです。

==ここまで==

ということだそうです。

管理人はSUVが気になりますね。

レビューにもありましたが、車は実際に自分で確かめてみないと本当のことがわからないので、書籍情報はあくまでも参考にして、出来れば試乗したほうがいいでしょう。

とりあえずKindleで無料で読めますから、試しに読んでみるのもいいのかなと。

管理人のまとめ

今回は、「CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車」、の紹介でした。

新車を購入するなら参考になると思います。

気になる車種があるんじゃないでしょうか。

CARトップ特別編集 新車購入NAVI2019 国産車、ぜひ参考にしてみて下さいね!

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加