衝突安全性能、チャイルドシート安全性評価ランキング2018年

国土交通省から発表された衝突安全性、チャイルドシート安全性評価のランキングです。

衝突安全性能評価結果ランキング表

総合得点順で車種を紹介します。

評価項目は、衝突安全性能評価、歩行者保護性能評価、乗員保護性能評価、シートベルトの着用警報装置評価の4項目です。

順位 車種 得点
1 スバルフォレスター 96.5
2 トヨタクラウン 96.5
3 三菱エクリプスクロス 89.7
4 トヨタカローラ スポーツ 87.8
5 ホンダCR-V 85.9
6 トヨタカムリ
ダイハツアルティス
85.5
7 スズキクロスビー 85.2
8 ホンダオデッセイ 83.9
9 ダイハツミラ トコット 81.5
10 スズキジムニー 81.4
11 ホンダN-VAN 78.5

車種は11種類、得点の上位はスバルフォレスター、トヨタクラウンでした。

評価の低い車種は歩行者保護の点数が低かったようです19

チャイルドシート安全性能評価ランキング表結果

総合得点順で幼児用のチャイルドシートを紹介します。

評価項目は、取扱説明書等、本体表示、本体の構造、車への装着性、着座のさせやすさです。

順位 チャイルドシート 得点
1 フォームフィット 24
2 Oreille 19
3 Joie・アーク360 19
4 ウィゴーロング 16

ポイントの高かったチャイルドシートは着座のさせやすさが良かったようです。

車の安全は何よりも大切。

安全あってのドライブの楽しみですからね。

新車を購入するときの参考にして下さい。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加