エクストレイルHVを増産し、同クラスのトップブランドに浮上か

5月中旬に発売したエクストレイルHVが順調な受注推移を見せています。月販売目標1000台に設定したのに対して発売2ヶ月後の受注台数は1万台を突破。月間販売目標の10倍ですが、発表は4月7日であり、実質的な受注活動を開始したのは4月上旬からなので、すでに3ヶ月半以上が経過。それでも月間販売目標の3倍の勘定となるから、売れ行きは好調といえるでしょう。7月下旬現在の納期は9月下旬で約2ヶ月待ち。当初より2倍以上に増産しているので、納期は早めになっています。
HV人気にガソリン車も引っ張られ売れ出しています。首都圏ではHVの購入検討していたユーザーは価格が高すぎると判断し、結局ガソリン車を買ったというケースもかなりあるといいます。したがって今後、シリーズ全体の売れ行きが好調になり、SUV分野で再びトップセラーに返り咲く可能性も出てきました。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加