スポンサーリンク

スバルXV 年次改良

昨年11月25日におこなわれたXV&XVハイブリッドの年次改良は、アイサイトver3の採用をはじめ、燃費性能の向上、ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングの最適化、ステアリングギア比の変更により、しなやかな乗り心地とハンドリング性能の向上など、大幅に進化しているが、今回はそれを上回る大がかりな年次改良が行われた。

XV、アイサイトもいいんですが、後側方支援もいいと思うんですよ。特に車線変更とか苦手な人には。それで、ちょっと乗り換え検討しようかなって時は、今の愛車をディーラーに下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認した方がいいですよ。オプション分くらいお得ですから。

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

XV/XVハイブリッド内外装の変更と安全性強化!

まずエクステリア。ヘッドランプ、グリル、フロントバンパーをシャープなデザインに変更し、ワイド感と低重心を表現。具体的にはヘッドランプのコの字型の部分が延長され、上部がホワイトバルブ化、さらには下部が黒塗装及び縁にクロームメッキが施され、フロントバンパーに埋めこまれたフォグランプ部分もL字型のクロームメッキアクセントが装着されている。

ガソリン車の17インチアルミホイールは若干のデザイン変更とともにセンターロックの位置にスバルロゴを追加している。またビビッドなオレンジ、イエローに続いてハイパーブルーとダークブルーパールの新色2色を追加。

インテリアは艶のあるピアノブラック調パネルと金属調アクセントを採用。コントラストを強調し、上質さを演出。また、シートサイドにオレンジ(ガソリン車)、シルバー(ハイブリッド)のステッチを施した。

安全面では全車サイドエアバッグ及びカーテンエアバッグを標準装備したほか、レーダーシステムによる後側方の検知を可能としたスバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)をメーカーオプション設定とした。価格は同グレード比較で3万2400円のアップ。2.0i-Lが廃止され、代わりに2.0iアイサイトが設定された。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スバル
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました