スポンサーリンク

フェイスリフトした新型ベンツAクラス。その熟成された走りに驚く!

欧州では7月3日に予約を開始し、9月末からユーザーの手に渡り始めた新型「Aクラス」のインプレッションをいち早くお届けする。試乗したのは、日本への導入が濃厚な「A250スポーツ4マチック」と「Mercedes-AMG A454マチック」の2台だ。

新型ベンツAクラス、もうすぐ日本導入ですか。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。ところで次こそはベンツという人も多いと思いますが、そうなると今の愛車はディーラー下取りに出して値引き材料に使うとか、やりにくいですよね?

でも、そんな時こそ無料一括査定サイトでの売却を検討してください!
高く売れたら浮いたお金で支払いも楽になりますよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

LEDヘッドライトや、新形状のバンパーなどの採用により、さらにスポーティな印象に

フェイスリフトを受けた新型Aクラスは人気を博したボディラインをそのままに、例えばLEDハイパフォーマンスヘッドライトで目力を増強しながら「ダイナミックセレクト」で4つの走行モードが選択できるようになるなど装備を増強。舌の肥えたダウンサイザーにもアピールする。

最初にステアリングを握ったのは「A250スポーツ4マチック」(218ps/34.3kgm)だ。路面はアップダウンの連続で、所々曲率のきついワインディングが顔をのぞかせる。そんなシーンでは新装備の「アダプティブダンピングシステム」が光った。これはスイッチ操作で、「コンフォート」、「スポーツ」の減衰特性が選べる電制可変減衰サスペンションで両モードには非常に明確な違いが設けられている。

秀逸だったのは、「ダイナミックセレクト」と組み合わせた4つのモードのうち「スポーティ」を選択すると、エンジン&トランスミッションは「スポーツ」、サスペンションは「コンフォート」となるのだが、これがが抜群に使いやすい。特に良かったのは上限100km/h程度のワインディング路(欧州郊外は法定速度100km/h)でのしなやかさ。一気にCクラス並とまではいかないが、熟成が進んだMFAプラットフォームを実感した。

量産2Lエンジンでは世界最高峰の381ps(先代比+21psで最大トルクは46.6kgm)を誇る「Mercedes-AMG A454マチック」は、F3やDTMがおこなわれる「Euro SpeedweyLausitzで全開走行のはず、だった。しかし他国取材チームとの混合隊列走行となってしまい、安全確保のためか走行ペースは超スロー(直線でやっと100km/h超え)に抑えられ残念ながら持ている性能の半分も味わえず・・・。

ただし、アウトバーンの速度無制限区間では200km/h超でも余裕あるエンジンパワーに加え、補強れたボディと信頼性の高いブレーキパフォーマンスが味わえた。専用の「AMGダイナミックセレクト」は「スポーツ」、「スポーツ+」とレベルを上げるごとに「コンフォート」から約100回転ずつアイドリング回転数を上げて素早い発進をアシスとする。魅力あふれる新型Aクラス、日本への導入はもうすぐだ。

Aクラス主要諸元

グレード A250 スポーツ 4マチック Mercedes-AMG A45 4マチック
全長☓全幅☓全高(mm) 4299☓1780☓1438 4367☓1780☓1417
ホイールベース(mm) 2699 2699
車重(kg) 1505 1555
エンジン 直4直噴ターボ 直4直噴ターボ
排気量(cc) 1991 1991
最高出力(ps/rpm) 218/5500 381/6000
最大トルク(kgm/rpm) 34.3/1200-1400 46.6/2250-5000
サスペンション Fマクファーソン・ストラット/R4リンク Fマクファーソン・ストラット/R4リンク

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ベンツ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました