スポンサーリンク

メルセデス・ベンツ C220d

メルセデス・ベンツ日本は9月28日、CクラスのセダンおよびステーションワゴンにクリーンディーゼルモデルのC220dを追加設定し、受注を開始した。発売は10月を予定している。

クリーンディーゼル、最近なにかとVWも不正で話題ですが。ベンツは大丈夫なんでしょう。日本の規制は緩いみたいだし。まあノンストップで長距離走るならHVよりディーゼルの方が燃料費を考えるとメリットがある、という話もありますね。

それで、どうしてもベンツということで購入を検討している人もいると思いますが、今の愛車が7年落ちとか10年落ちとか、古いならディーラー下取りより無料一括査定サイトでの売却のほうが圧倒的にお得です。ご存知ですよね?相場だけでも確認したほうがいいと思いますよ。

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

尿素SCRを使った2.2L直4クリーンディーゼル!

今回Cクラスに追加設定されたのは、C220dアバンギャルド(559万円)、C220dステーションワゴンアバンギャルド(595万円)、C220dステーションワゴンスポーツ(641万円)、C220dステーションワゴンスポーツ(本革仕様、679万円)の4グレード。ガソリンのC200の同グレードに比べ25万円高いという戦略的な価格設定になっている。

エンジンは4モデル共通で、ピエゾインジェクターを用いた最新のコモンレールシステム。ターボラグを解消しつつ必要なブースト圧を引き出すため、排気の流れを制御する可変フラップを備えた2ステージターボチャージャーを装備した170ps/40.8kgmの2.2L直4ディーゼルターボ新採用となった9速ATを組み合わせている。

JC08モード燃費はガソリン仕様の2L直4ターボの16.5km/Lを大幅に上回る、セダンが20.3km/L、ワゴンが19.6km/L。

排ガスの後処理には尿素水溶液を噴射して化学反応を発生させNOxを削減する尿素SCRディーゼル排出ガスシステム(ブルーテック)を採用。ポスト新長期規制に適合している。
トランク内には尿素水溶液の24.5Lタンクを設置。1000kmあたり約1Lの消費なので1年毎または1万kmの指定点検時に補充する。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ベンツ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました