ベンツのディーゼルHV S300h

実燃費テストで25.6km/Lを達成!
2.2L直4ディーゼルターボ+電気モーターを組み合わせて 20.7km/L

メルセデスベンツ日本は8月27日、Sクラスに新グレードS300hを追加設定し、発売を開始した。S300hはディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたディーゼルHVで、日本市場で販売される乗用車としては初のディーゼルHV車となる。S300hのパワートレインはエンジンが204ps/51.0kgmを発生する2.2L直4ディーゼルターボで電気モーターはエンジンと7速ATの間に配置され、最高出力は27ps、最大トルクは25.5kgm。発進時はアクセルを踏んだ瞬間からモーターの最大トルク25.5kgmの気持ち良い加速を味わうことができ、追い越し時などでは低速域からトルクを発生するディーゼルエンジンと電気モーターの相乗効果により、圧倒的な加速フィールが体感できるという。

また、中高速での定速走行時にドライバーがアクセルペダルから足を離すと、クラッチによってエンジンとトランスミッションが切り離され、走行抵抗を抑えることで燃費を向上させるというセイリング機能も加わる。これによりS300hの燃費は標準ホイールベース車で20.7km/Lロングホイールベース車で19.5km/Lという低燃費を実現している。

ラインアップは3グレードでS400hとほぼ同等の装備を備えつつ、1000万円を切る998万円という価格のS300h。ナッパレザーのマッサージ機能付きシートやクロージングサポーター、エアバランスパッケージなどを標準装備したS300hエクスクルーシブが1270万円、ロングホイールベースのボディにS550ロングと同等の装備をそなえたS300ロングが1340万円。ほかのSクラスと同じく先進装備は充実しており、メルセデスベンツが「インテリジェントドライブ」と総称する各種運転支援システムが標準で採用される。

【メルセデス・ベンツS300h】

全長☓全幅☓全高(mm) 5120☓1900☓1495
ホイールベース(mm) 3035
車重(kg) 2080
エンジン 2.2L直4DOHCターボ
排気量(cc) 2142
エンジン最高出力(ps/rpm) 204/3800
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 51.0/1600~3800
モーター最高出力(ps) 27
モーター最大トルク(kgm) 25.5
JC08モード燃費(km/L) 20.7
エコカー減税 取得税&重量税免税
価格 927万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加