スカイアクティブ第二弾はデミオ、アテンザ、それともCX-5の次期型か?

マツダは近く、次世代環境技術の進化バージョンであるスカイアクティブ第二弾を発表する見込みです。これは現行スカイアクティブを圧縮比アップや超希薄燃焼技術によってさらに進化させ、走りのポテンシャルの高さを維持させながら、燃費向上を果たすのが狙い。メインとなる戦略モデルについてはビッグマイナーチェンジで対応する可能性もあります。

スカイアクティブ技術、どこまでやれるか見ものです。特にVW問題でディーゼルエンジンへの見方が厳しくなっているので、これが逆風になるか、逆にうまく追い風にするか、企業としての戦略も気になるところ。

第一弾の採用が予想される車種はデミオ、アテンザ、CX-5のどれかようですが、さてどれが採用第一弾になるでしょうか。こういうのがビッグマイナーチェンジで出てくると買い替え考えますよね。

それでもしも買い替えを考えるなら、特に今の愛車がマツダ車じゃないと、値引きの交渉材料に使いにくいかなと。そんな時は、ディーラー下取りに出すより無料一括査定サイトで売却したほうがお得だと思うんです。
うまく行けば30万円くらい高く売れて、オーディオ機器くらいグレードアップ出来るかも!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

スカイアクティブ第二弾が採用される車種は?

タイミング的にはデミオ、アテンザ、CX-5のいずれかが採用第一弾になりそう。今年4月に実施されたエコカー減税の厳格化ではクリーンディーゼル車は引き続き免税ですが、ガソリン車は課税基準が引き上げられています。

スカイアクティブ第二弾によってどこまで改善されるか注目されます。現行エコカー減税制度が16年度以降さらに改定される見込みなので、どこまで対応するのか見ものです。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加