マツダロードスターのおすすめグレードは?

マツダロードスター(4代目)は2015年5月20日登場。2016年5月販売台数は364台となっています。

グレード別販売構成比

  1. Sスペシャルパッケージ6MT:29.4%
  2. RS 6MT:18.8%
  3. Sスペシャルパッケージ6AT:14.4%
  4. Sレザーパッケージ6AT:12.3%
  5. NR-A:9.4%

640px-Mazda_MX-5_-_Mondial_de_l'Automobile_de_Paris_2014_-_003

人気ボディカラー

  1. ソウルレッドプレミアムメタリック
  2. セラミックメタリック
  3. ジェットブラックマイカ

この車のポイント

北米でも人気急上昇のロードスター。日本国内は7グレード展開となっている。ミッションは基本6MT仕様だが、Sグレードのみに6ATが用意されている。264万円のNR-Aはタワーバーなどが付くモータースポーツベース車だ。

ズバリおすすめグレード「RS」319万6800円

最も安価なSは6速MTでもリアスタビライザーが付かない。後輪の接地性が少し下がって運転感覚は緩いが、初代ロードスターを連想させる。車線逸脱警報などの安全装備は装着できず、一般的な選択ではない。

そこで、推奨するグレードは、ビルシュタイン製のダンパーなどを備えた最上級のRS。乗り心地は硬めで、市街地では上下にゆすられる印象も強いが、操舵に対する反応が機敏でスポーツカーらしさがわかりやすい。

RSの価格はSスペシャルよりも約50万円高い。このうちの約22万円はSスペシャルにオプション設定されるBoseサウンドシステムなどの装着によるもので、残りの約28万円は、レカロ製シートや前述のダンパーなどRSのみに備わる専用装備の対価だ。

スポーツカーは運転感覚が重要だが数年後の査定額を含めた損得勘定ではRSを推奨。

【広告】


マツダロードスターRS主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3915☓1735☓1235
ホイールベース(mm) 2310
車両重量(kg) 1020
エンジン 直列4気筒DOHC
排気量(cc) 1496
最高出力(ps/rpm) 131/7000
最大トルク(kgm/rpm) 15.3/4800
トランスミッション 6速MT
JC08モード燃費(km/L) 17.2

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加