スポンサーリンク

16年トヨタの新車攻勢の目玉はコンパクト3車種だ!

トヨタの16年における新商品ラインアップのアウトラインが浮かび上がってきました。目玉となるのは来春一新のパッソをはじめ来秋に登場する予定の新型コンパクトトール2ボックス、来冬の新型コンパクトSUVが挙げられます。

トヨタのコンパクトカー、ちょっと気になります?もしも新車に乗り換えるなら、お得に乗り換える簡単な方法ありますよ。愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認すればいいんです。高く売れたら浮いたお金で支払いも楽になりますよ!

詳細はこちら→>>かんたん車査定ガイド<<

販売店によれば想定する対抗モデルはズバリ、コンパクトトール2ボックスがスズキソリオ、コンパクトSUVがホンダヴェゼルになるとのこと。パッソは従来どおりカローラ店の専売でダイハツの開発によるOEM供給。具体的な商品内容は明らかになっていませんが、エンジンは1L3気筒が直噴で低速域でのアイドリングストップ機構付き。また1.3Lも改良が加えられる見込み。

新規2モデルはともにトヨタ全系列店併売であり、月販1万台以上の量販を目指すはずです。コンパクト2ボックスは背の高いボックス型ワゴンタイプで2列シートの両側スライドドア、パワーユニットはダウンサイジングの新開発1L3気筒ターボを搭載します。

コンパクトSUVはスタイリッシュなクロスオーバーコンセプトで1.5L NAアイドリングストップ付きガソリンエンジンと同ハイブリッドユニットを搭載するものと思われます。これによってこれまで以上にコンパクトカー分野で圧倒的なシェアの確保を図る構えです。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

コンパクト トヨタ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました