スポンサーリンク

アウディプロローグ・オールロード

アウディはコンセプトカーのプロローグオールロードを始め、A4&A4アバント、Q7e-tron 2.0 TFSIクワトロ、R8V10プラス、TTSロードスターの計7台がジャパンプレミア。

プロローグオールロードは今年4月の上海オートショーで初公開されたプロローグ、プロローグアバントに続く第3弾で、クロスオーバースタイルが特徴。エクステリアは長いフロントフードとリアへ下がっていくシルエットはじめ、77mm上げられた車高、張り出したバンパーと22インチの大径ホイールを収めるホイールハウスなどクロスオーバーモデルらしいデザインとなっている。フロントヘッドライトはマトリックスレザーテクノロジーを採用。リアエンドは細いLEDの帯が左右のコンビネーションラインをつなぐデザインになっている。

インテリアは、ダッシュボード横幅いっぱいまで広がるタッチ式ディスプレイが特徴的。「バトラー(執事)」と呼ばれるインテリジェントプログラムが組み込まれており、スマートフォンで乗り込んだ人物を判別し、その人に合わせたシート位置やエアコン温度を自動的に設定する。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

アウディ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました