スポンサーリンク

ホンダ NSXフル加速の深遠な世界を体験!

モーターショー開催年のお楽しみといえば、ホンダミーティング。ホンダが近い将来市場投入を睨む数々の試作車に乗れるチャンスだ。NSXやクラリティフューセルにいち早く乗った感想はいかに?

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

 

新型NSXに乗った感想は、「ああ、やっぱりNSXのDNAは健在だ」ということ。一言で言えば「洗練されたスーパーカー」。これは見事に初代からぶれていない。初代が持っていたクールなスーパーカーというイメージが引き継がれているのだ。

そのわかりやすい象徴が電動パワーの巧な使い方だ。新型NSXは現在のスーパーカーらしく各種の走行モードを備えている。EVモードこそ用意されていないが、Quietモードで静かにアクセルオフを踏めば、モーター走行でスルスルと音もなく発進。バッテリーのコンディションが良ければそのまま100km/h程度まで加速することができ、距離にすれば3km程度走れる。

スーパーカーが最も不得意とする渋滞時などには実用上のメリットもありそう。もちろん言うまでもなくパフォーマンスに不満はない。途中SportモードやTrackモードに切り替えて、いろいろ試してみたが、ひとたびスロットル全開にしてやれば、7500rpmのレッドゾーンまでまさにイッキ。超クロスレシオの9速DCTが4速に入ったあたりで、今回の試乗で設定されていた190km/h弱のスピードリミットに到達してしまう。

500ps/550Nmを発揮する3.5L V6は、バンク角75度のブランニュー。ドライサンプ潤滑システムの採用で、マウント位置はレーシングカー並の超低重心。ミッションはこれまたブランニューの9速DCTと組み合わせられる。

全開時には前後3つのモーターがアシストするので、トータル出力/トルクは573ps/645Nm(65.8kgm)。1725kgという車重はかつてのNSX(5MTで1350kg)のように軽量とは言いがたいが、パフォーマンスは現在のハイパースポーツ群の中にあってもかなり上位に位置すると思う。

ただ、高性能だがワイルドさが皆無なのであまり速さを実感しないという傾向はある。たとえば、ほぼスペック的に同等なGT-Rなんかだと全力で静止からスタンディングスタートすると、ちょっとめまいがするほどの加速感に圧倒されるが、NSXの加速感はそう言った暴力的な要素が皆無。多分絶対敵な速さもGT-Rには一歩譲るといった雰囲気で、最速にこだわるというよりは走りの質や洗練度を高める方を重視しているように思う。

今回の試乗では電動パワーのもう一つのユニークな使い方であるトルクベクタリングを十分試すことはできなかったが、こっちも興味津々。SportモードやTrackモードに切り替えてサーキットをガンガン走ってみる日が待ち遠しい。

新型NSX主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4470☓1940☓1215
ホイールベース(mm) 2630
エンジン V6、DOHC
ツインターボ、3.5L
エンジン最高出力(ps/rpm) 500/6500-7500
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 56.1/2000~6000
システム最大出力(ps) 573
トランスミッション 9速DCT
サスペンション(F/R) ダブルウィッシュボーン/
マルチリンク
価格 1800万円~

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

NSX ホンダ モーターショー
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました