ホンダ 新型FCV 2016年発売予定 航続距離700km以上の燃料電池車

ホンダの新型FCVは2016年に発売される水素燃料電池車。ホンダはCO2や排出ガスを出さない水素燃料電池車を究極のクリーンカーと位置づけ、1980年代から研究開発に取り組んできた。新型はその成果を結実させた新エコサルーンである。燃料電池スタックや発電システムをコンパクトにまとめ、ボンネット内にパワートレーンを集約。その結果、広い室内空間が構成された。ボディーは空力特性を重視したファストバックスタイル。走りは130kWの高出力モーターの搭載でパワフル。航続距離は700km以上。外部給電用インバーターと組み合わせ、移動する発電所として電力供給がおこなえる機能も備えている。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加