スポンサーリンク

次期型S1000 ミドシップから一転!FRとなるS1000

当初はワイド版S660こそがS1000だと言われていた。つまり、軽自動車の枠を取り払うことで、S660をワイドトレッド化し、エンジンはホンダが既に完成させている3気筒1Lターボを搭載する、という方向性。S660開発中にはこの方向性が検討されていたことは間違いない。

だが一方で、S1000に相当するコンパクトスポーツモデルは、より「間口の広い」FRで開発されているという情報もある。これはトヨタのS-FRに対抗するモデルともなり、FRとすることで狭いながらもリアシートを設置することが可能となり、軽スポーツのS660では無視することができた居住性や荷物の積載性をクリアすることができるメリットもある。いわゆるワイドS660ではこれらのネがは引き継ぐこととなり、トヨタS-FRがデビューすれば、まさにライバルとして楽しみだ。

S1000 予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 3900☓1695☓1300
ホイールベース(mm) 2450
パワーユニット 直3DOHC、1Lターボ
最高出力(ps) 130
最大トルク(kgm) 20.5
トランスミッション 6MT
JC08モード燃費(km/L) 25.0
価格 220万円

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました