アルトワークス 15年ぶりの復活!

5代目アルトベースを最後に姿を消していた伝説の”WORKS”がついに帰ってきた!

アルトのスポーティモデルとして15年3月に発売されたターボRSターボ。このRSは、かつてのアルトワークスのようなカリカリにとんがったスポーツカーではなく、より幅の広いユーザーをターゲットにしたスポーツテイストのモデルとして登場。そのためトランスミッションも、5速MTをベースにギアチェンジを自動化した2ペダルMTのAGSのみが設定された。

ところが、ターボRSが発表されるやいなや、「アルトワークスは発売しないのか」「MTを設定してほしい」など、新しいアルトワークスの登場を期待する多くの声がスズキにとどいたという。

そこで、急遽アルトワークスの開発がスタート。わずか9か月というスピードで市販化にこぎつけ、この12月24日、新型アルトワークスはついにデビューを飾った。なお、かつて4世代にわたってアルトに設定されたアルトワークスだが、今回の新型で15年ぶりの復活となる。

待望の5速MTを設定し、エンジンも専用チューン

まさに待望のデビューとなる新型アルトワークスは、発売のきっかけとなったアルトターボRSをベースに専用チューニングを施し、さらに走りを磨き上げた本格スポーツという位置づけのモデルだ。

「ターゲットユーザーを絞って、走りはかなりハードな方向に振りました」と、東京モーターショーの会場で開発担当者が語っていたが、その走りに特化させたワークス専用チューニングの一番のポイントとなるのが専用開発の5速MTの設定だ。1速から4速をクロスレシオ化して、シフトチェンジすることの楽しさを追求。節度感のあるフィールとショートストローク化によって軽快なシフト操作ができるようになっている。

ちなみに、ターボRS同様に5速MTマニュアルモードのパドルシフトを装備したAGSも設定。こちらもシフトレスポンスを高めた専用チューニングがほどこされている。

それにエンジンにまでしっかりと手が入れられているのもポイント。最高出力は上限いっぱいの64psのままだが、最大トルクをターボRSの10.0kgmから10.2kgmへアップ。JC08モード燃費は5速AGSの2WD車で23.6km/LとターボRSよりも2.0km/L下がっているが、加速時のレスポンスが向上して、より強いトルクフィールを実現していると言うから、動力性能は期待できそう。

もちろん、足回りも専用チューニングがほどこされ、より高い操縦安定性や応答性を実現する専用のKYB製ショックアブソーバーを採用。リニアに応答する操作性やコーナリング時の挙動変化を抑えた安定性、ダイレクトな操舵フィールを追求している。

ターボRSよりもシックな印象のカラーリングが特徴

一方で、内外装もワークス専用のデザインを採用しているのも魅力。ボディカラーは専用色の「スチールシルバーメタリック」をはじめ、ターボRSと同じホワイト、ブラック、レッドの全4色が設定されるが、ワークス専用のボディサイドデカールも含めて全体的なテイストはターボRSよりもシックに仕上げられているのがワワークスの特徴。アルミホイールもブラック塗装の専用デザインとなる。随所に赤のアクセントを使ったターボRSのカラーリングは「ちょっと派手だな」と感じていた人にも、渋めの印象のワークスは受け入れやすそうだ。

また内装では、スポーツ走行時などに体をしっかり支える専用のレカロ製フロントシートがおごられているのがウリだ。ステンレス製ペダルプレートやメーター内のブーストインジケータなどもターボRSにはないワークス専用装備がっている。

徹底的に走りにこだわった装備で武装したワークス。すると気になるのは価格だが、5速MT車と5速AGS車は同価格となり、2WDが150万9840円、4WDが161万7840円。ターボRSよりも20万円程度のアップとなるが、レカロ製スポーツシートの採用をはじめ数々の専用チューニングの内容を考えると納得できる価格と言えるだろう。

アルトワークス(2WD・5MT) 主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1500
ホイールベース(mm) 2460
車重(kg) 670
エンジン 658cc、直3DOHCターボ
最高出力 64ps/6000rpm
最大トルク 10.2kgm/3000rpm
JC08モード燃費(km/L) 23.0
エコカー減税(取得税/重量税) 20%/25%
タイヤサイズ(F/R) 165/55R15
価格 150万9840円

アルトワークス価格

変速機 駆動 JC08モード燃費(km/L) 価格
5速MT 2WD 23.0 150万9840円
4WD 22.0 161万7840円
5速AGS 2WD 23.6 150万9840円
4WD 22.6 161万7840円

アルトワークスの伝説

600kgちょっとの軽い軽自動車のボディに、64psという当時きわめてパワフルな直3ターボエンジンを搭載して1987年にデビューした初代アルトワークス。現在も続く軽自動車の64馬力規制が設けられたきっかけとなったと言われる「伝説」を持つ軽スポーツだ。

排気量550ccのエンジンながら0~400m加速では16秒89、最高速は156.9km/hをマーク。この0~400m加速は現在の2Lターボ車にも迫るタイムだ。

その圧倒的な速さに80ps近いパワーがあったのではという噂もあったほど。「80psがあったかどうかは分からないけれど、加速感は現在の軽ターボの比じゃない。当時の方が軽かったというのがあると思うけど、64psなんてことはないという雰囲気だった」とのこと。

2代目アルトベースにした初代アルトワークスの誕生はとにかく衝撃的だった。その後もアルトワークスは4世代にわたって進化。6代目のアルトにはワークスは設定されず、Keiワークスへと受け継がれたが、アルトワークスの走りは一時代を築くほどインパクトが大きかった。

それだけに15年ぶりに復活した新型アルトワークスへの期待は大きい。「以前のアルトワークスみたいに粘りのあるハンドリングで、トルクのある走りが楽しめるといいですね。ターボRSはAGSの印象があまりよくなかったから、興味があるのは5速MTのほうだけ。とはいえ、まずは乗ってみたい」とのこと。

過去のアルトワークスのように本気で走りが楽しめるモデルになっているのか?新型の走りに注目だ。

歴代アルトワークス

●初代アルトワークス:パワフルなターボに4WDを搭載、1987年デビュー
ミラターボの50psが最高値だった時代に、2代目アルトをベースに64ps/7.3kgmを発揮する550cc国産ターボエンジンを搭載。4WDも設定。

●2代目アルトワークス:専用の丸目2灯マスクを採用、1988年デビュー
この三代目アルトベースからワークスは専用丸目2灯フェイスが与えられた。90年からは新規格660ccの直3ターボエンジンに変更された。

●3代目アルトワークス:軽の性能を極限までアップ1、994年デビュー
4代目アルトベースのワークスは、RS/Zのエンジンが新開発オールアルミのK6A型に変更。64ps/6500rpm、10.5kgm/3500rpmを発揮した。

●4代目アルトワークス:3タイプのターボエンジンを用意、1998年デビュー
4世代最後のワークス。エンジンは可変バルブタイミングのDOHCターボ、SOHCターボを用意。2002年2月にワークスは廃止

●15年の東京モーターショーでさりげなく市販化を公表。15年ぶりにアルトワークス復活!

アルトワークス、伝説の軽なんですね。期待してしまいます。買い替えを考える人も多いのでは?ところで、その時今の愛車は下取りするより一括査定で売却した方がお得だってご存じですか。

オススメは特にデータを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。30万円高く売れたら楽勝でワンランクアップ出来ますからね!

概略価格がスグわかる→>>かんたん車査定ガイド<<

アルトワークス 値引き

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加