スポンサーリンク

ハスラー VS キャストのシェア争いが一段と熾烈に

記事内に広告が含まれています。

ハスラーとキャストの販売競争が一段と熾烈になりそうな雲行きになっています。9月9日に発売したキャストは10月の販売で同ジャンルのトップに立ちました。

が、10月の販売台数はキャストの8895台に対してハスラーは8375台でわずか520台差。ハスラーは12月7日にマイナーチェンジし、より燃費のいいS-エネチャージ車や装備を充実させたG-2グレードの設定などで巻き返しを図りつつあります。

一方、キャストは11月末まで最高13万円得するナビサービスキャンペーンを実施しましたが、12月も継続する構えを見せています。今後しばらくは両陣営の販売デッドヒートは目を離せない状況で推移しそうです。
ダイハツとスズキ、すごい販売競争になってますね。購入する側からするととてもうれしいです。買い換えるにしても値引きが期待できますし。そしてさらに今の愛車を高く売るなら一括査定。特にデータを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドがおすすめです。30万円高く売れたら浮いたお金でローンが毎月2万円程度楽になる!

概略価格がスグわかる→>>かんたん車査定ガイド<<

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

キャストスズキダイハツハスラー
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました