新型Eクラス 日本発売は今年中頃

デトロイトショーの初日、1月11日に新型Eクラスがワールドプレミアとなった。W123というコードネームが与えられた5代目EクラスはCクラスに続いて、アルミと高張力鋼板のハイブリッド構造によるプラットフォーム、MRA(モジュラー・リアホイールドライブ・アーキテクチャー)が使われている。

エクステリアデザインはCクラスと同様、スリーポインテッドスターがグリル内に装着されるアヴァンギャルドとアバンギャルドAMGライン、そしてスリーポインテッドスターのマスコットがボンネット上に付くエクスクルーシブラインがある。一見するとCクラスとほとんど同じ。

新型Eクラスのボディサイズは先代に比べ全長を43mm延長し、全幅を3mm狭く、全高を13mm高くした全長4923×全幅1852×全高1468mm。ホイールベースは65mm拡大した2939mm。エクステリアでのトピックスは84個のLEDマルチビームヘッドライトだろう。対向車や歩行者など、車載カメラやナビと連動してキメ細かく配光する先進技術である。近年、メルセデスが力を入れている安全運転支援システムについては、SクラスやCクラスから一歩進化している。更にスマホをドアノブにかざすだけでドア開閉したり、狭い駐車場でスマホの画面を指でぐるぐるまわして自動駐車が出来るリモートパーキングパイロットなどハイテク技術も満載だ。

発表されたエンジンはガソリンが184psの2L直4ターボ(E200)、333psの3L V6(E400 4MATIC)。ディーゼルは195psの2L直4ディーゼルターボ(E220d)と258psの3L V6ディーゼル(E350d)。なかでも新開発の2L直4ディーゼルターボは、シリンダーヘッドとクランクケースがアルミ製となっており、シリンダー内壁にスチールカーボンをコーティングしてフリクションを低減し、結果、燃費が改善するというナノスライドコーティングがほどこされている。また2L直4ターボにモーターを組み合わせたPHVのE350eも用意。今年中にはV6に変わり、新型直6ガソリン、ディーゼルも登場する予定だ。

インテリアはSクラス譲りのデザインで12.3インチの2つのディスプレイは「クラシック」「スポーツ」「プログレッシブ」と3つの異なるデザインを選択することが可能。また新感覚のグラフィック表示や64色から選ぶことができるLED照明、ステアリングから手を離さずに全体のインフォシステムを操作できるタッチコントロールなど、「世界で最も進んだインテリジェントなビジネスサルーン」とメルセデスが謳うのも頷ける内容だ。

新型EクラスE220d主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4923☓1852☓1468
ホイールベース(mm) 2939
エンジン 直4ディーゼルターボ
1950cc
最高出力(ps) 195
最大トルク(kgm) 40.8
トランスミッション 9速AT
欧州複合モード燃費(km/L) 25.6
日本での価格 680万円

新型Eクラス 値引き 裏技

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加