スポンサーリンク

新型プリウスの全グレードと予想価格

記事内に広告が含まれています。

新型プリウスは駆動用バッテリーがリチウムイオンバッテリーになるとされてきたが、それはAグレード以上で最量販グレードのSとSツーリング、そして装備を簡素化したEはニッケル水素バッテリーを継続して採用する。

ここで、プリウスを実質的に安く買い換える方法をご紹介。
かんたん車査定ガイドというサイトをしってますか?

このサイトで今のお車をぜひ査定してみて!
驚きの買い取り価格が、ディーラー下取り価格のなんと30万アップもありとか?
ローンの減額月2万円以上!


概略価格がスグわかる!→
>>かんたん車査定ガイド<<

 

4WDは軽量コンパクトなE-Fourを採用するが、やはりスペースを食う、ニッケル水素バッテリーではなくリチウムイオンバッテリーとしている。

このあたりの考え方はプリウスαの5人乗りがニッケル水素で7人乗りがリチウムイオンバッテリーと使い分けているのと似ている。もちろんSの価格を下げるためにニッケル水素バッテリーとしていることはあるだろう。それにしてもニッケル水素バッテリーのままJC08モード燃費で40.0km/Lを達成するとは思いもしなかった。

【新型プリウスの全グレードと予想価格】

グレード 価格 駆動 バッテリー
Aプレミアムツーリングセレクション 約340万円 FF
4WD
FFリチウムイオン
4WDニッケル水素
Aプレミアム 約330万円 FF
4WD
FFリチウムイオン
4WDニッケル水素
Aツーリングセレクション 約290万円 FF
4WD
FFリチウムイオン
4WDニッケル水素
A 約275万円 FF
4WD
FFリチウムイオン
4WDニッケル水素
Sツーリングセレクション 約260万円 FF
4WD
FFニッケル水素、
4WDニッケル水素
S 約245万円 FF
4WD
FFニッケル水素、
4WDニッケル水素
E 約240万円 FF リチウムイオン

 

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トヨタプリウス
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました