福祉車両

●タイプと買うポイント福祉車両を知る
高齢化社会の拡大に合わせ福祉車両のニーズが高まっており、高齢家族との快適で安全な移動のために利用するケースも増えています。3世代でのドライブ旅行にも使いやすく、毎日の足として使える車も続々とラインアップ。福祉車両の概況やポイントを紹介していきましょう。

○福祉車両の種類
高齢者を乗せるための福祉車両には大きく分けて4種類

1.助手席が電動リフトアップする「助手席リフトアップ車」
2.助手席への乗降が楽。「助手席回転スライドシート車」
3.2列目シートが電動で回転して車外へ降りてくる「サイドリフトアップシート車」
4.車椅子に乗ったままで乗降できる「スロープタイプ」

○福祉車両には優遇措置がある
福祉車両は付加価値がある分価格は高くなりますが、多くの場合消費税が非課税となります。このほか自動車税(軽自動車税)自動車取得税の減免制度も多くの自治体で導入されています。

○借りてから買うのも方法
国産各社、様々なタイプの福祉車両を用意していますが、福祉車両の認定販売店を設置するなど特に力を入れているのが、トヨタ、日産、ホンダの3社。バリアフリーの旅館の紹介など福祉車両の使い方、高齢家族との楽しみ方の提案までしているサイトもあります。また「購入する程でもない」という場合は、必要なときにレンタカー利用も一案。トヨタレンタカーなど充実している店も増えています。購入を考えている方も選択する際の参考に一度使ってみるのもいいでしょう。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加