スポンサーリンク

2023年10月からオートライト義務化!メリットとデメリットを解説

記事内に広告が含まれています。

オートライトとは、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯する機能です。2023年10月からは、新車の販売に際してオートライト装着が義務化されます。オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らすために有効な施策です。このブログではオートライトの義務化の詳細について確認してみます。

オートライトとは?

オートライトとは、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯する機能です。2023年10月からは、新車の販売に際してオートライト装着が義務化されます。オートライト義務化の目的は、夜間の交通事故を減らすことです。

オートライトでは、ヘッドライトの点灯・消灯を自動で行うため、ドライバーは操作の必要がありません。これにより、ドライバーはハンドルやアクセル、ブレーキに集中することができます。また、オートライトでは、周囲の明るさに合わせてヘッドライトの明るさを自動で調整するため、対向車や歩行者に迷惑をかけることなく、安全に運転することができます。

オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らすために有効な施策です。夜間は視界が悪く、ドライバーの注意力が散漫になりやすいため、事故につながりやすいです。オートライトでは、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯するため、ドライバーがヘッドライトの点灯を忘れて事故を起こすリスクを軽減することができます。

オートライト義務化のメリット

オートライト義務化のメリットは、以下のとおりです。

* 夜間の交通事故の減少
* ドライバーの負担軽減
* 燃費の向上

夜間は視界が悪く、ドライバーの注意力が散漫になりやすいため、事故につながりやすいです。オートライトでは、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯するため、ドライバーがヘッドライトの点灯を忘れて事故を起こすリスクを軽減することができます。

また、オートライトでは、ヘッドライトの点灯・消灯を自動で行うため、ドライバーは操作の必要がありません。これにより、ドライバーはハンドルやアクセル、ブレーキに集中することができます。

さらに、オートライトでは、周囲の明るさに合わせてヘッドライトの明るさを自動で調整するため、対向車や歩行者に迷惑をかけることなく、安全に運転することができます。

オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らし、ドライバーの負担を軽減し、燃費を向上させるために有効な施策です。

オートライト義務化のデメリット

オートライト義務化のデメリットは、以下のとおりです。

* 故障時のリスク
* コスト
* 選択の自由の制限

オートライトは、電子制御装置が組み込まれているため、故障する可能性があります。故障した場合は、ヘッドライトが点灯しなかったり、明るさが調整されなかったりすることがあります。

また、オートライト搭載車両は、ノンオートライト搭載車両よりもコストがかかります。これは、電子制御装置の搭載が必要なためです。

さらに、オートライト搭載車両に乗り換えるためには、ドライバーは選択の自由が制限されます。オートライト搭載車両しか選択できないため、自分の好みやニーズに合わない車両に乗り換える可能性があります。

オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らすために有効な施策です。しかし、デメリットも存在するため、メリットとデメリットを比較検討した上で、オートライト搭載車両への乗り換えを検討する必要があります。

オートライト義務化の今後

オートライト義務化は、2023年10月から施行されます。オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らすために有効な施策ですが、デメリットも存在するため、メリットとデメリットを比較検討した上で、オートライト搭載車両への乗り換えを検討する必要があります。

オートライト義務化の今後は、夜間の交通事故が減少するかどうかが注目されます。また、オートライト搭載車両の普及が進むと、車両価格の低下や、オートライト搭載車両の選択肢の拡大が期待されます。

オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らすために有効な施策です。オートライト搭載車両への乗り換えを検討することで、夜間の安全運転に貢献することができます。

管理人のまとめ

オートライトとは、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯する機能です。2023年10月からは、新車の販売に際してオートライト装着が義務化されます。オートライト義務化の目的は、夜間の交通事故を減らすことです。

夜間は視界が悪く、ドライバーの注意力が散漫になりやすいため、事故につながりやすいです。オートライトでは、周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯するため、ドライバーがヘッドライトの点灯を忘れて事故を起こすリスクを軽減することができます。

また、オートライトでは、ヘッドライトの点灯・消灯を自動で行うため、ドライバーは操作の必要がありません。これにより、ドライバーはハンドルやアクセル、ブレーキに集中することができます。

さらに、オートライトでは、周囲の明るさに合わせてヘッドライトの明るさを自動で調整するため、対向車や歩行者に迷惑をかけることなく、安全に運転することができます。

オートライト義務化は、夜間の交通事故を減らし、ドライバーの負担を軽減し、燃費を向上させるために有効な施策です。2023年10月以降に新車を購入する方は、オートライト搭載車両への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

話題の車をご紹介
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました