ニッケル水素&リチウムイオンバッテリーはクラス、ジャンルによって使い分け

トヨタはハイブリッドモデルの2次バッテリーの素材のニッケル水素とリチウムイオンを乗用車各タイプのクラスやジャンルによって使い分ける方針です。ニッケル水素バッテリーは信頼性、耐久性にすぐれているといったメリットがあります。これに対してリチウムイオンバッテリーは軽量、コンパクト、高効率という強みがあります。

昨年12月にフルモデルチェンジした新型プリウスは両素材の強みをいかし、グレードによって2つのバッテリーを使い分けしています。コストパフォーマンスについてはどちらも同程度まで引き下げることに成功しています。また、ほかの機能部品と同様に車の寿命まで使えるように改善している為、中古車になっても基本的には途中でバッテリーユニットを交換する必要はないとのことです。

今後はクラスやジャンルによって使い分ける方針でユニットを格納するスペースが狭いコンパクトカーやミニバンについてはリチウムイオンバッテリー、そのほかはニッケル水素といった具合に両ユニットを使い分ける方針です。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加