スポンサーリンク

スズキは3月の登録車が初の1万台突破、2016年度は悲願の10万台達成が濃厚

スズキが3月の登録車販売で初の1万台を突破しました。こうしたことから16年度は悲願の年間販売10万台達成が濃厚になっています。3月の登録実績はソリオ5073台、スイフト2802台、イグニス2786台で、これら有力3モデルだけで1万661台という大台乗せを果たしました。

これにエスクード2.4、ジムニーシエラ、輸入モデルのバレーノ、エスクード、SX4 Sクロスを含めると1万2069台になります。

今年は年内にソリオにストロングハイブリッド車の追加、スイフトのフルモデルチェンジを予定しているので、登録車の販売は一段と加速することが予想されます。10万台乗せは暦年では難しいですが、17年3月までの16年度で達成できる見通しです。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スズキ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました