スポンサーリンク

ホンダ NSX 待望のスーパーMRスポーツ USAデビュー2016年発売

新型NSXは、最新鋭の技術が満載されたホンダのスポーツフラッグシップ。北米オハイオ州のホンダR&Dアメリカズが開発を担当し、生産は同州のパフォーマンス・マニュファクチャリングセンターが行う。米国では予約受付がスタート、2016年からデリバリーが開始される。日本発売は16年中を予定している。

NSX、日本では2016年発売予定なんですね~。価格はともかく乗ってみたいクルマ、ですよね~。それで、もし乗り換えるなら、ちょっとでもお得に乗り換えた方がいいですよね?
そういうことなら、今の愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認した方がいいですよ。ディーラ下取りより50万円くらい高く売れることがありますから。
高く売れたらローンの支払い、月々4万円以上ラクになりますよ!

詳細はこちら→>>かんたん車査定ガイド<<

走行モードは4種類から選べる!

新型NSXに搭載されたスポーツハイブリッドSH-AWDは3基のモーターとエンジンを組み合わせた4WDハイブリッドシステム。ドライサンプ潤滑方式の3.5L直噴V6ツインターボエンジンと、高効率モーターを内蔵した9速デュアルクラッチトランスミッションをミッドシップMRに搭載。前輪には左右独立のモーター2基配置。4輪の駆動力は電動で統合制御するシステムである。高度なトルクベクタリング機能を備え、全速度域でのライントレース性を画期的に高めたという。

ボディはアルミやホンダ独自の結合技術でユニット化した軽量設計。スペースフレームは基本的に、カーボンファイバー製フロアと、アルミ複合材を主体としたボディパネルを組み合わせている。サスペンションはオールアルミ製の4輪独立タイプ。タイヤはフロント19インチと20インチの組み合わせ、ブレーキは前輪6ポッド後輪4ポッドのモノブロックキャリパーとカーボンセラミックディスクを装着している。

新型NSXは室内のダイヤル操作で①クワイエット、②スポーツ、③スポーツ+、④トラックの4種の走行モードが選択できる。クワイエットモードは低速域のEV走行で静粛性を追求。トラックモードを選ぶと、エンジン、モーター、トランスミッション、足回りの設定がサーキット対応に変化する。なお、発進時にエンジンと3モーターの出力をフル活用し、圧倒的な加速を行うローンチモードも用意されている。価格は米国仕様で約15万ドル(約1800万円)からとなる。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

NSX ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました