ホンダが2017年に投入する新型車、次期型は?

ホンダが17年に導入する新型車は次期型N-BOX、シビックセダン、ステップワゴンハイブリッド、フィットのビッグマイナーチェンジなど。

ホンダは17年投入の新型車として次期型N-BOXをはじめシビックセダン、ステップワゴンハイブリッド、フィットのビックマイナーチェンジを予定しているようです。

最も力を入れているのは次期型N-BOXで、このフルモデルチェンジによって軽自動車ナンバーワンの販売台数確保を一段と強固にしたい考えです。

次期型は全体的にはキープコンセプトでの世代交代になりそうですが、標準タイプとスポーツ上級バージョンのカスタムとのコンセプト分けをより明確にします。

室内の居住空間は各パーツのレイアウトの工夫によって、さらに進化させて軽自動車最大の居住スペースを確保します。

現行型N-BOXはライバルのタントやスペーシアに比べると燃費の悪さが指摘されていますが、この燃費性能を次期型ではどこまで向上させ、追いつくかが注目です。

今回はN-BOXとN-BOX+(プラス)を世代交代し、ヒンジ開閉ドアの「N-BOXスラッシュ」は継続生産します。

  • 新型フリードの販売が好調なだけに、苦戦が目立つ苦戦の続くステップワゴンがハイブリッド投入でどこまで巻き返しができるのかにも注目したい。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加