スズキは16年の登録車販売が10万台で悲願達成確実

スズキの16年(1~12月)における登録車販売は、目標だった10万台を突破して、悲願を達成しそうです。

1~11月の販売実績は9万5677台で前年同期比35.6%増ですから、あと4323台に迫っています。11月が7422台であり、12月は年末セールの最終で、11月29日にソリオにフルハイブリッドを追加していることから、引き続き販売台数はプラスで推移する見込みです。

こうしたことから暦年では10万円台の突破は確実視されます。

15年8月にソリオフルモデルチェンジしヒットさせたのを皮切りに16年は1月イグニス、3月バレーノと相次いで戦略ニューモデルを投入し、その成果が現れています。

今後はソリオのフルハイブリットに加えて12月27日に一新する主軸モデルのスイフトがフルに寄与することから、さらに登録車販売は加速しそうです。

  • 16年、スズキの登録車数は目標の10万台突破が確実な状況。11月には人気のソリオにフルハイブリッド仕様も追加され、さらに売れ行きがアップしそう。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加