ホンダフィット、N-BOXモデルチェンジ

フィットをマイナーチェンジしホンダセンシング装備車を設定

ホンダは6月上旬にもフィットをマイナーチェンジすると同時に安全パッケージ「ホンダセンシング」装備車を設定、発売します。

マイナーチェンジでは内外装のデザイン変更と同時に、Fパッケージを除くL&Sパッケージにホンダセンシング装備車を設定します。

ハイブリッド車は新型フリードに採用した改良ユニットを移植する可能性もあります。4月からは、先行予約の受付をスタートさせる見込みです。

【広告】


次期型「N-BOX」はトップセラーの座を守れるか?

ホンダのトップセラーモデル「N-BOX」が今年7月上旬に初のフルモデルチェンジを実施します。

5年半ぶりの世代交代となり、次期型はキープコンセプトで標準タイプと上級&スポーツバージョン「カスタム」とのコンセプト分けをより明確にする見込みです。

プラットフォーム&基本コンポーネントは新開発になり、軽自動車で初めて安心パッケージ「ホンダセンシング」の標準装備車を設定するのがウリです。

しかしながら不安要素を指摘する向きもあります。それは現行モデルの突出した人気ぶりです。

フルモデルチェンジを5ヶ月後に控えているのに、依然好調な売れ行きを続け、月販台数は1万5000台規模。登録車、軽自動車を含めた銘柄別新車販売台数のトップセラーモデルを維持しています。

モデルそのものの人気の高さ、商品力の他、末期モデルによる車両値引きの拡大、10万円のディーラーオプションプレゼント、3.5%の低金利残価設定クレジットカードなどのキャンペーン効果が販売好調の要因として挙げられます。

新型になれば、商品力の更なる強化、新車効果が見込めますが、5万円以上の価格アップ、値引きの引き締め、買い得キャンペーンが終了されるので、これまでのような販売規模を確保できない可能性があります。

新型車の発売当初は新車効果で好調な販売のスタートを切っても安定期にどこまで維持できるかが課題になりそうです。

フィット、N-BOXはモデルチェンジが近いですから、大幅値引きが期待できる今のうちに購入を検討するのもアリ、なんでしょう。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加