ボルボS90Rデザイン、新型アウディQ2、新型VW up!最新情報

ボルボS90 R-Design & V90 CC

それまでのフォードグループから離れ、ボルボオリジナルのプラットフォーム、パワートレーンを新開発した「新世代ボルボ」の第一弾として昨年登場したのがクロスオーバーSUVのXC90。

その第2弾、第3弾として投入されたのがセダンのS90、ステーションワゴンのV90だ。

全長4965mm、全幅1880mm、全高1445mm、ホイールベース2940mmというS90のボディサイズはベンツEクラス、BMWの5シリーズ、アウディA6などとがっぷりライバル関係という堂々たるサイズ。

フロントアクスルを150mm前方に出してオーバーハングを短くしたプロポーションは伸びやかでスタイリッシュ。FRレイアウトの高級サルーンの雰囲気を感じさせる佇まいだ。

このS90/V90のスポーティグレードとして追加投入されたのが「R-Design」。

最上級モデルの「インスクリプション」と同じT6パワーユニット(2L、直4ターボ+スーパーチャージャーで320pS/40.8kgm・AWD)を搭載しながら、横桟を強調したフロントグリルやマットシルバーのドアミラーアウター、専用デザインのフロントバンパーなどスポーティ感を強調したエクステリアによりキリリと引き締まった印象となる。

インテリアはブラックを基調とした配色で、カーボンパネルのインパネがかっこいい。シートも若干サポート性を高めたスポーティシートが採用されており、走り好きのオーナーにはこうしたスペシャルアイテムが嬉しい。

走り出すと上級仕様のインスクリプションとは明らかに違う引き締まった乗り味。50%程度強化されたスプリングを採用するとともにモノチューブダンパー、強化スタビなどで足回りを鍛え上げている。

タイヤは255/35R20のピレリP-ZEROでインスクリプションと同じだが、アルミホイールは専用デザイン。

タイヤはもともと十分なスポーティ性能を持っており、R-Designの足回りにも全く負けていない。

強化された足と言っても、乗り心地はゴツゴツするなどということはなく、むしろスポーティセダンとして心地よいカッチリ感を感じさせるもの。

車重1810kgもある車とは思えないほど軽快に箱根のタイトな山道を走ってのけた。しかも土砂降りで所々霧というコンディションにもかかわらず。

T6パワーユニットも2000rpmあたりからグイグイトルクが立ち上がり、扱いやすいハイパワーエンジンなのだ。価格はS90が749万円、V90が769万円となる。

一方、V90のクロスオーバーモデルとなるV90クロスカントリー(CC)も新たに追加設定。最低地上高210mmを誇るモデルで、アウディA6オールロードクワトロや日本未導入のベンツEクラスオールテレーン、レガシィアウトバックなどが競合車となる。

【広告】


ボルボS90、V90主要諸元

車種 S90 T6 AWD
R-Design
V90CC T5 AWD
Summum
全長☓全幅☓全高(mm) 4965☓1880☓1445 4940☓1905☓1545
ホイールベース(mm) 2940 2940
車両重量(kg) 1810 1850
エンジン 直4、
2L DOHCターボ+SC
直4、
2L DOHCターボ
最高出力(ps/rpm) 320/5700 254/5500
最大トルク(kgm/rpm) 40.8/2200~5400 35.7/1500~4800
JC08モード燃費(km/L) 12.5 12.9
価格 749万円 754万円

ニューモデルアウディQ2

アウディのクロスオーバーSUVで最小モデルとなるQ2が日本上陸を果たした。

ボディサイズは全長4200☓全幅1795☓全高1530mmで、プラットフォームはA3の3ドアモデルと同じものを採用しており、一つ上のクラスとなるQ3よりも一回り以上コンパクトに。

オーバーハングの短さが特徴的で、ホイルベースは2595mmを確保する一方でルーフラインは低く抑えられ、クーペライクな印象。

エンジンラインアップは、116ps/20.4kgmの直3、1LターボのQ2 1.0TFSIと、150ps/25.5kgmの直4、1.4ターボのQ2 1.4TFSIシリンダーオンデマンド(気筒休止)の2本立て。駆動方式はFFのみで、トランスミッションは7DCTを採用している。

価格は1.0TFSIが299万円、1.0TFSI sportが364万円。1.4TFSIシリンダーオンデマンドが405万円。

発売記念の限定車としてQ2 1.4TFSIシリンダーオンデマンドをペースとした「Q2 1st edition」(価格490万円)を280台限定で発売。デリバリーの開始は6月中旬を予定している。
【広告】


アウディQ2 1.4TFSI シリンダーオンデマンドスポーツ主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4200☓1795☓1530
ホイールベース(mm) 2595
車両重量(kg) 1340
エンジン 直4、1.4L DOHCターボ
最高出力(ps/rpm) 150/5000~6000
最大トルク(kgm/rpm) 25.5/1500~3500
JC08モード燃費(km/L) 17.9
価格 405万円

VW up!改良モデル

新型up!は専用アプリ「maps+more」によってスマホと連携したインフォテイメントシステムを採用。

安全装備はLEDポジションランプ付ハロゲンヘッドライト(ハイトコントロール機能付き)やオートライト、レインセンサー、タイヤ空気圧警告灯などを全車標準装備。

価格はmove up!2ドアが158万7000円、4ドアが178万7000円、4ドアが178万7000円、high up!4ドアが193万8000円。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加