スズキ 次期型スペーシア、新型SUVクロスビーを年内に相次いで投入

スズキは、次期型「スペーシア」、新型クロスオーバーモデル「クロスビー」の2モデルを年内に相次いで発表、発売する方針です。

その日程は12月中旬から下旬にかけてで、スケジュール調整を行っている模様です。

両モデルとも先に開催された東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容での市販化となります。

次期型スペーシアは12月中旬の投入となり、ワゴンRと同じプラットフォーム&基本コンポーネントを採用します。

標準タイプと上級&スポーツバージョン「カスタム」とのコンセプト分けをさらに次期型では明確にします。

カスタムはより押し出し感のあるマスクを採用し、パワートレーンはマイルドハイブリッドのNAとターボの組み合わせとなります。

自動ブレーキなどの先進安全装備は後退誤発進防止対策を追加するなど、さらに進化させます。

スペーシアの販売台数は月販15000台規模を目指し、ライバルのN-BOX、タントを追撃します。

クロスビーはソリオ、イグニスと同じAセグ用プラットフォームを採用したクロスオーバーSUV。

パワートレインは1L3気筒ターボとマイルドハイブリッドを組み合わせた新開発ユニットを搭載します。

販売面では、ソリオ、スイフトと並ぶ量販小型車への育成を目指す構えです。

  • スズキは東京モーターショーに参考出品したコンパクトカーのクロスビーと、軽自動車の新型スペーシアを市販化し、12月中にも発売する予定。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加