ホンダ2018年ニューモデルとオデッセイマイナーチェンジ

ホンダが18年に投入するニューモデル

ホンダは18年春から夏に投入のニューモデルとして、ハイブリッド専用小型車、次期型CR-V、新型PHV、新型軽商用車を中心に展開する方向で開発を進めています。

来春トップを切ってデビューするのは軽キャブワゴンであるバモス/バモスホビオの後継モデルです。

Nシリーズの商用車バージョンとして、新開発のプラットフォーム&基本コンポーネントを採用します。

同クラス最大の室内居住空間の確保によって、使い勝手の大幅向上を図るのが売りになります。

ハイブリッド専用小型車は「インサイト」の後継モデルで、5ドアハッチバックレイアウトは継承しますが、よりスタイリッシュなデザインに仕立てられるようです。

パワートレインは2モーターを2Lエンジンと組み合わせる方式で、最高レベルの低燃費を実現させ、これが一番の武器となりそうです。

新型PHVは燃料電池車のクラリティがベースとなります。

エンジンはガソリン2Lで2モーターとの組み合わせが有力です。

具体的には11月に開催される販売店首脳向けの新年度指針説明会で明らかになる見通しです。
【広告】


マイナーチェンジ直前のオデッセイが在庫一掃セールに

ホンダは11月中旬にオデッセイをマイナーチェンジしますが、これに先立ち従来モデルは10月上旬にオーダーストップし、在庫一掃セールに入っています。

グレード、ボディカラー、オプションの選択には限りが出ていますが、在庫車であれば40万円以上の大幅値引きがゲットできる状況です。

  • 11月中旬にマイナーチェンジするオデッセイ。改良される主なポイントはフロント周りのデザインで、より精悍でゴージャスな印象になる。

マイナーチェンジ型オデッセイの価格アップは3万円~5万円

ホンダは、11月中旬にマイナーチェンジするオデッセイの価格を決め、予約受注をスタートさせました。

7人乗りFF車の価格は306万6400~415万円で従来モデルに比べると3万~5万円のアップと比較的小幅のアップにとどめています。

なお、値引きは引き締めていて10万円引き程度。

ただし、1.9%の残価設定クレジットは継続します。

マイナーチェンジモデルの主な改良点は次になります。

フロント周りではヘッドライトにLEDを採用し、フロントグリルは横線のメッキバーを従来の3本から4本に増やし見栄えを良くしています。

両端のフォグランプは現行の丸型から横長デザインに変更。

リア周りや内装は大きな変更はありません。

装備面では、ハイブリッド車のホンダセンシングにクルーズコントロールが新たに採用されました。

ボディカラーは5色が継続で、新たにプラチナホワイトパール、コバルトブルーパールを加えた計7色を設定。

改良型のFF7人乗り車の価格は以下の通りです。
【広告】


新型オデッセイFF・7人乗り価格

グレード 価格
2L車
G 306万6400円
アブソルート 332万5400円
アブソルートEX 354万円
ハイブリッド車
標準 383万6400円
アブソルート 393万6400円
アブソルートEX 415万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加