ホンダN-VAN。軽商用バンの新たな流れ

大ヒットモデルのDNAが継承されるだけに、放っておけない軽商用車。

それがN-VAN。

ナンバーワン販売を続けるN-BOXは、プラットフォームとエンジンが新開発となり、軽自動車の枠を超えたという高い評判が数字に現れたカタチだが、その車のコンポーネンツを使って誕生するのがN-VAN、「N」シリーズの新しいラインアップだ。

ホンダの軽商用バンといえばバモスとアクティがあるが、基本設計が古く旧世代感は否めない。

それらに代わるモデルとして投入されるのがN-VANで、すでにバモスとアクティの生産は終了。

「軽商用バンの新たな時代」の準備が整っている状況だ。

「すべての働く人へ豊かな生活を提案する」というテーマを持つN-VAN。

標準ルーフとハイルーフの二つがあり、その標準ルーフに「標準タイプ」「COOLエディション」「FUNエディション」という3タイプのフロントデザインが用意される。

つまり全4タイプから選べると、働くための商用車とは思えない充実ぶりと楽しさが盛り込まれている。

COOLエディションはスポーティなカスタム仕様で、FUNエディションはキャンパー仕様。

なんとリアバンパー内に100V電源を備える。

さて、全4タイプの中で一番人気確率なのが広さ自慢のハイルーフ。

2名乗車時の荷室長は1630mmで荷室高は1365mm。

アクティバンより165mmも長い荷室高となり、積載性はライバルをリードする。

そしてここが肝の部分。

この車の「隠し玉」は、ダイハツタントのように助手席側が「センターピラーレス」を採用。

軽商用バン初の試みで、これにより助手席側から荷室へ簡単スムーズに移動できる。

リアゲートと合わせて2つの動線が使えるので、積み降ろしが効率的になるし何より楽。

さらに運転席以外のシートはすべてダイブダウンで折りたため、完全なフラット状態にできる。

つまり、助手席から荷室までフルフラットになるので長尺物も難なく積めるわけ。

仕事のための道具だけでなく、自転車や大きな買い物品、キャンプ道具などをバンバン積める。

また、荷室床下に収納スペースがあるのも心にくい。

マットレスを敷いてベッドのように寝るもよし。

遊びでも存分に活躍する。

エンジンはN-BOX同様、ターボとNAがあり、トランスミッションはCVTの他、6MTが採用されるという(6MTもインパネシフト)。

最高出力64psというターボに6MTを組み合わせれば、満載状態でも走りは力強い。

加えて先進の安全運転支援システム「ホンダ・センシング」も標準装備され、魅力度もアップ。

今回はワゴン設定はないが、ウリの一つセンターピラーレス・レイアウトが好評なら、今後ワゴンバージョン登場の可能性もあるという。

商用バンを使いこなすのがこれからの新スタイル。

そんな予感さえするN-VAN、今年7月に登場する。

N-VAN予想スペック

グレード ターボモデル NAモデル
全長☓全幅☓全高(mm) 3395☓1475☓1800 3395☓1475☓1800
ホイールベース(mm) 2520 2520
車重(kg) 930 880
エンジン 直3DOHC 直3DOHC
総排気量(cc) 658 658
最高出力(ps/rpm) 64/6000 58/7300
最大トルク
(kgm/rpm)
10.6/2600 6.6/4800
トランスミッション 6MT/CVT 6MT/CVT
価格 140万-160万円 130万-150万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加