スポンサーリンク

クラウン10月1日参戦 2Lターボセダン戦線に・・・

ライバルモデルが海外市場を睨み次第に肥大化していくなか、日本専用開発車として、常に日本人に寄り添いけてきたクラウン。2012年12月に登場した14代目モデルも、全幅を車格を考えれば控えめな1800mmに抑えるなど、日本の道での使い勝手を考慮したボディサイズが与えられている。その14代目クラウンが10月1日にマイナーチェンジを受ける。内外装の変更の他、ブッシュ&アブソーバーの最適化と言ったサスペンションの改良、スポット溶接の打ち増しなどによるボディ剛性の向上など、変更点は多岐にわたるのだが、最大の注目はスポーツイメージを打ち出す「アスリート」系に、2Lの直4ターボモデルが用意されることだろう。

いつかはクラウン、ずっとそんなイメージでした。人生最後のクルマ、みたいな感じで。
感性がだいぶ古いですが。でも、やっぱりクラウンに乗りたいと思うんですよね最後は。
それで、乗り換えのときのちょっとした技なんですが、愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認するといいですよ。どっちが高く売れるか比較すれば交渉もやりやすいし。
高く売れたら浮いたお金で、ちょっと贅沢、もありですよね~

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

ピークパワーよりも、ドライバビリティ重視

この2L直4ターボモデルは従来の2.5L、V6エンジン搭載モデルとそっくり入れ替わる形で設定されるもので(2WDのみ。4WDは2.5L、V6を継続)グレード展開も「ベースモデル」、上級グレードの「S」、最上級グレードの「G]と不変。搭載されるエンジンは8AR-FTS型。既にレクサスのNXやISに搭載されているものと同型だが、発生出力は235ps/35.7kgmと、IS200tの245ps/35.7kgmにくらべると、最高出力が押さえられた。その分発生回転数はISの5800rpmに対しクラウンは5200~5800rpmとやや低められ、より広い回転域で出力を維持するようになっている。これはスポーティなアスリート系と言えども、やはりクラウンという車の性格を鑑み、よりドライバビリティを重視したということだろう。JC08モード燃費も13.4km/Lと、ISの13.2km/Lをわずかながらが上回っている。

専用の内外装が用意され、存在感を発揮

今回のマイナーチェンジで、アスリート系、ロイヤル系ともフロントグリルやヘッドランプ、フロントバンパーなどが変更されるが、この2Lターボモデルには専用のエクステリアが用意される。フロントグリルや王冠マーク、ヘッドランプ加飾などがダークスモークメッキ化され、標準装備の17インチアルミホイールもダークスモーク化される(オプションの18インチはブラックスパッタリング塗装)

これらの処理により他グレード以上に若々しく、スポーティな印象を与えることは間違いない。また、内装でも2Lターボモデルには「プルシア」と呼ばれるネイビー系の専用内装色も用意され、オーナーの購買意欲をくすぐる。10月に登場するクラウン2L直4ターボモデルは、輸入車を含む多くのライバルの中でも、強烈な存在感を発揮することになるだろう。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

クラウン
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました