世界が震撼 オールニュープリウス燃費40.0km/Lの衝撃

日本仕様は東京モーターショーで登場予定!12月9日発売!

まず、今回のプリウスの特徴は、プラットフォームにTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用した点である。乱暴に言ってしまえば、トヨタ流の「ものつくり革新」のようなもので、かっこいいデザインで運動性能もアップさせるなど「もっといいクルマ」の実現を目指す。こうした取り組みから生まれたのが、今回のプリウスの低重心なスタイリングであり、セールスポイントにまるでマツダのような「走る楽しさ」を挙げている。

新型プリウス、相当売れると思いますが乗り継ぎの人も多いと思います。値引きはあまり期待できませんね。でも愛車を高く売れば、30万円くらいは違ってきますから、ナビくらいはいいのが付けれると思いますよ。
そのために、愛車をディーラー下取りではなくて、無料一括査定サイトで売りましょう!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

プリウスの燃費は?

では、運動性能を司る心臓部はどうなるのか?ハイブリッドは現行プリウスのシステムが踏襲される。直4、1.8Lの2ZR-FXEエンジンにモーターを組み合わせるが、インバーターやモーターの小型化など、各部がブラッシュアップされた。改良型2ZE-FXEエンジンは、先代よりも熱効率がさらにアップしており、最大で40%を達成している。ただし、エンジンの出力は最高出力99ps→98ps、モーター出力も82ps→72psへとやや落とされた。これはより効率的な走りを求めてのデチューンなのかもしれない。

さて、気になる燃費だが、FFモデルのEのみではあるが、なんと40km/Lの大台に到達。再量販のSグレードをはじめ、ほかのFFでも37km/Lを達成する。この数字はアクアと同じで驚異的だ。なお、本モデルから初めて4WDモデル(E-FOUR)がラインアップされる。こちらの燃費は35km/LでFF車からわずか2km/L落ちにとどめている。

次期プリウスのボディサイズだが・・・

現行モデルに比べて、全長で60mm、全幅で15mmプラスになる一方、全高は20mm低くなる。TNGAプラットフォームを採用することで実現したこのボディは、スタイリングをよく見せるだけでなく、スペース効率も飛躍的に高めた。実は居住性が大きく向上しており、室内長は1905mmから2110mmへと20cmも拡大しているのだ。これはクラウンやレクサスGS以上の数値であもある。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加