予防安全性能評価ランキング2018年

国土交通省から発表された予防安全性評価のランキングです。

総合得点順で車種を紹介します。

評価項目は、被害軽減ブレーキ[対車両]、被害軽減ブレーキ[対歩行者・昼間]、被害軽減ブレーキ[対歩行者・夜間]、車線逸脱抑制、後方視界情報、高機能前照灯、ペダル踏み間違い時加速抑制の7項目です。

予防安全性能評価結果ランキング表

順位 車種 得点
1 トヨタアルファード/
ヴェルファイア
126.0
2 トヨタクラウン 124.5
3 トヨタカローラスポーツ 122.4
4 スバルフォレスター 122.3
5 日産ノート 122.3
6 ホンダインサイト 121.4
7 ホンダN-VAN+STYLE FUN
Honda SENSING
120.6
8 ホンダN-VAN
L Honda SENSING
119.2
9 ホンダCR-V 119.0
10 スバルインプレッサ、XV 118.8
11 マツダCX-5 115.4
12 マツダCX-8 115.0
13 マツダアテンザ 113.3
14 スズキソリオ/
ソリオバンディット
三菱デリカD:2/
デリカD:2 カスタム
111.1
15 マツダCX-3 99.8
16 三菱eKスペースカスタム/
eKスペース
日産デイズルークス/
ハイウェイスター/
デイズルークス
93.2
17 トヨタカムリ
ダイハツアルティス
75.6
18 スズキクロスビー 63.9
19 三菱エクリプスクロス 63.5
20 ホンダオデッセイ 62.7
21 スズキジムニー 61.3
22 ダイハツミラ トコット 60.6

車種は22種類、得点の上位はトヨタ車が占める結果となりました。

新車購入を考える参考にしてくださいね!

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加