スポンサーリンク

【速報】新型アルファード/ヴェルファイアが6月21日からオーダー開始!最新情報まとめ

トヨタ
記事内に広告が含まれています。

トヨタの人気高級ミニバン、アルファードとヴェルファイアがついにフルモデルチェンジします。発表は6月21日で、同日からオーダー受付も開始されるとのこと。新型はどんな変更点があるのでしょうか?ここでは、最新のスクープ情報やグレード別の装備、燃費性能などをまとめてお伝えします。

新型アルファード/ヴェルファイアの概要

新型アルファード/ヴェルファイアは、トヨタの最新プラットフォーム「TNGA」を採用し、走行性能や安全性能が大幅に向上します。また、デザインも一新され、より個性的で存在感のあるフロントフェイスやリアデザインになります。エンジンは2.5L自然吸気と2.4Lターボのガソリンモデルと、2.5Lハイブリッドモデルが用意されます。内装も高級感や快適性が高められ、最上位グレードでは14インチの大型ディスプレイや左右独立ムーンルーフなどが装備されます。

新型アルファード/ヴェルファイアのデザイン

新型アルファード/ヴェルファイアは、それぞれに異なるデザインコンセプトを持ちます。アルファードは「プレステージ・ラグジュアリー」をテーマに、堂々としたグリルやLEDヘッドライト、クロームメッキを多用したエレガントな外観に仕上がっています。一方、ヴェルファイアは「スポーティ・ラグジュアリー」をテーマに、大胆なメッシュグリルやLEDデイタイムランニングライト、スプリッター風のバンパーなどで攻撃的な印象を与えます。また、サイドやリアもシャープなラインやエッジで引き締められています。

新型アルファード/ヴェルファイアのエンジン

新型アルファード/ヴェルファイアは、3種類のエンジンが用意されます。まず、2.5L自然吸気エンジンは、現行型よりも出力と燃費が向上し、前輪駆動車では10.6km/L、四輪駆動車では10.3km/LのWLTCモード平均燃費を実現します。次に、2.4Lターボエンジンは、ヴェルファイア専用のパワートレインで、高いトルクとレスポンスを発揮します。前輪駆動車では10.3km/L、四輪駆動車では10.2km/LのWLTCモード平均燃費を達成します。最後に、2.5Lハイブリッドエンジンは、デュアルモーターとの組み合わせで高い環境性能と走行性能を両立します。前輪駆動車では17.7km/L、四輪駆動車では16.7km/LのWLTCモード平均燃費をマークします。

新型アルファード/ヴェルファイアの内装

新型アルファード/ヴェルファイアは、内装も大きく変わります。まず、ダッシュボードは水平基調のデザインになり、中央には14インチの大型ディスプレイが配置されます。このディスプレイは、ナビゲーションやオーディオ、エアコンなどの操作ができるほか、パノラミックビューモニターやITS Connectなどの機能も備えています。また、最上位グレードではカラーヘッドアップディスプレイやデジタルインナーミラーも装備されます。シートは合成皮革や本革などの素材が選べるほか、シートアレンジも多彩です。特に後席は、キャプテンシートやオットマンシートなどで快適性を高めることができます。

新型アルファード/ヴェルファイアの安全装備

新型アルファード/ヴェルファイアは、安全装備も充実しています。まず、トヨタチームメイト・アドバンスドパークという機能が初めて採用されます。これは、駐車場や信号待ちなどで停止した状態から自動で発進・停止・方向転換・駐車することができる機能で、運転者はスマートフォンで操作することができます。また、トヨタセーフティセンスも最新版になり、衝突回避支援ブレーキやレーントレーシングアシストなどの機能が強化されます。そのほかにも、パーキングサポートブレーキやフロントクロストラフィックアラートなどの機能も備えています。

管理人のまとめ

トヨタの人気高級ミニバン、新型アルファード/ヴェルファイアがフルモデルチェンジします。最新のTNGAプラットフォームを採用し、走行性能と安全性能が向上します。デザインも一新され、個性的で存在感のある外観となります。エンジンは2.5L自然吸気、2.4Lターボ、2.5Lハイブリッドが用意され、内装も豪華さと快適性が向上しています。安全装備も充実し、駐車支援機能や先進のドライバーアシスト機能が装備されます。発表は6月21日で、同日からオーダー受付も開始される予定です。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トヨタ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました